[ Sponsored Links ]

[ The following advertisement are
Wild Card Choices. ]

 

Banner & Contact

メールアドレスの画像 Mail to:
メールアドレスの画像


SenNen's Okage
  • MotorFan[モーターファン]マツダ期待の新型Mazda3のエンジンラインアップ。頂点はSKYACTIV-Xだが、ヒエラルキーはどうなりそうか?MotorFan[モーターファン]大注目の新型Mazda3(今回から日本名もMazda3となりアクセラの名前は名乗らない)。日本でも今年度内には発売されるはず。北米でのエンジン&トランスミッションの組み合わせはすでに発表されている。パワートレーンを少し考えてみよう。マツダ・SKYACTIV-Xエンジン、新型Mazda3(アクセラ)に どこが革新的なのか?...
    12/06/2018 09:51 PM
    レスポンス新フェーズのマツダ「魂動デザイン」はテクノロジーとどう向き合っているのか…常務執行役員 前田育男氏【インタビュー】レスポンスマツダのデザインは、いまどのような状況にあり、どういった方向へ向かおうとしているのか。そしてテクノロジーとどう向き合っているのか。前田育男 常務執行役員 デザイン・ブランドスタイル担当に話を聞いた。 12月21日開催セミナー「マツダの一本道 ~新世代商品の幕開け~」 ......
    12/06/2018 11:45 AM
    @IT MONOist新型「アクセラ」への採用も!? マツダがバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発@IT MONOistマツダは2018年12月5日、環境負荷を低減しながら、高い質感を実現できるバイオエンジニアリングプラスチック(バイオエンプラ)を用いた新意匠2層成形技術を開発したことを発表した。同技術により開発した自動車内装意匠部品を、今後の新型車から順次採用していく予定で ...マツダ:低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発ニフティニュースall 2 news artic...
    12/06/2018 08:21 AM
    Yahoo!ニュース新型「アクセラ」への採用も!? マツダがバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発Yahoo!ニュースマツダは2018年12月5日、環境負荷を低減しながら、高い質感を実現できるバイオエンジニアリングプラスチック(バイオエンプラ)を用いた新意匠2層成形技術を開発したことを発表した。同技術により開発した自動車内装意匠部品を、今後の新型車から順次採用していく予定で ...and more »...
    12/06/2018 08:11 AM
    日本経済新聞マツダの夢、ロータリーで走るFR車復活の布石日本経済新聞マツダは、ロータリーエンジンで発電し、モーターで駆動するプラグインハイブリッド車(PHEV)を2020年に発売する。欧州や中国、米国などの環境規制への対応を見据える。発電専用にすれば、低回転・低トルク域で熱効率が低いロータリーの弱点を抑えつつ、静かで小さい強みを ......
    12/06/2018 06:30 AM
    日刊工業新聞樹脂部品、塗装不要に マツダが新技術日刊工業新聞残り:338文字/本文:338文字). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する · ログインして記事本文を読む · 有料会員. 1ID月額4,000円+税で、電子版のすべての機能をご利用いただけます。 無料会員. 有料会員限定記事 ......
    12/06/2018 05:01 AM
    carview!【イベント】「マツダ ファンフェスタ」は、見て、参加して、楽しめる、国内最大級のマツダの祭典!carview!数ある日本の自動車メーカーの中でも、ユーザーとの距離感が一番近いのがマツダではないだろうか? ファン感謝イベントも2018年は4月14~15日の「マツダファン東北ミーティング」に始まり、9月23日の「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」、今回の「MAZDA FAN ......
    12/05/2018 05:43 PM
    マツダ・アテンザが「JNCAP予防安全性能評価」で最高ランクの「ASV+++」を獲得clicccar.com(クリッカー)マツダの先進安全技術である「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載したマツダ・アテンザ(セダン XD-L Packag)が、2018年度自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において、最高ランク「ASV+++(エーエスブイ トリプルプラス)」を獲得したと発表。 アテンザ ...and more »...
    12/05/2018 02:13 PM
    レスポンスマツダ、低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発 エコプロ2018で展示レスポンスマツダはバイオエンプラ新意匠2層成形技術による自動車内装意匠部品の試作品展示をはじめ、理想の内燃機関を目指した「SKYACTIV-X」や独自の電動化技術、塗装技術など、環境に関する取り組みについて、12月6日から東京ビッグサイトで開催される環境・エネルギーの ...and more »...
    12/05/2018 01:15 PM
    Yahoo!ニュースマツダ、低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発 エコプロ2018で展示Yahoo!ニュース植物由来原料を使用するバイオエンプラは、石油資源の使用量削減やCO2排出量の抑制、無塗装によるVOC(揮発性有機化合物)の削減により、環境負荷の低減に貢献する材料として注目を集めている。マツダでは、深みのある色合いや鏡面のような平滑感など、塗装部品を ...and more »...
    12/05/2018 01:15 PM
    carview!新型マツダ3が誕生!日本での名称「アクセラ」は今後なくなる?マツダ全モデル海外名称に統一か!?carview!ところが、マツダから発表されたリリースを見ると、どこにも日本での名称である「アクセラ」という表示がありません。ちなみに世界市場でのマツダ車の名称はすでに英数字に統一されており、「アクセラ」は日本だけの呼び名となっています。ちなみに「デミオ」は海外では「マツダ2」で ......
    12/05/2018 12:03 PM
    MotorFan[モーターファン]マツダ:低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発MotorFan[モーターファン]マツダでは、従来材料の塗装が施された部品を超える質感(深みのある色合い、鏡面のような平滑感)を材料着色で実現するなど、高い意匠性を持つ自動車内外装部品としても使用できるように開発し、2015年に「ロードスター」の内装意匠部品に初めて採用して以来、現在国内で ......
    12/05/2018 11:58 AM
    Goo-net(グーネット)マツダ デミオ ラジエター修理Goo-net(グーネット)オーバーヒートでデミオ入庫 原因を探していたらコアからの漏れ発見修理をしようかなと、思いましたが劣化がひどく交換になりました. エンジンテスト走行テストの結果エンジンには問題がなくて一安心です 完全復活. タイガーオート東大阪: 〒578-0905 大阪府東大阪市 ......
    12/05/2018 10:39 AM
    Goo-net(グーネット)マツダ デミオ トランスミッション交換Goo-net(グーネット)走りが不調で入庫しました ブレーキかと思いきや なんとオートマが壊れていました. 部品交換で完全復活しました 少しお客様に待っていただきましたが 安心した整備ができました. タイガーオート東大阪: 〒578-0905 大阪府東大阪市川田3-9-54. 無料電話お気軽にお電話 ......
    12/05/2018 09:55 AM
    日本経済新聞マツダ食品、遠州食材たっぷりのお節 うなぎやのり日本経済新聞浜名湖うなぎのかば焼きやきも煮、浜名湖のりのだし巻き卵のほか、マツダ食品の商品「遠州しそ巻」など地域で親しまれる食材を使用。他に紅白のかまぼこや栗きんとん、昆布巻きなど定番のおせち料理も入れた。 単品で9千円、浜名湖うなぎめし付きが1万800円。13日まで、 ......
    12/04/2018 10:30 PM
    https://autoc-one.jp/ (プレスリリース)マツダ 新型アクセラ(マツダ3)がワールドプレミア スカイアクティブXは?日本導入はいつ?? 最新情報https://autoc-one.jp/ (プレスリリース)2003年に登場した「マツダ3(日本名:アクセラ/アクセラスポーツ)」。最近はCX-5をはじめとするクロスオーバーに人気が移っているものの、累計600万台、130ヶ国で販売を行なう実績を持つマツダのエースと言っても過言ではない。その4代目がロサンゼルス・オートショー2019&...
    12/04/2018 09:27 PM
    レスポンス【マツダ 3/アクセラ 新型】セダンとハッチバック、共用はボンネットとAピラーだけ…主査インタビュー[360度動画]レスポンス新型『マツダ3/アクセラ』がお披露目となったロサンゼルスモーターショーで、開発主査の別府耕太氏に桂伸一が360度動画インタビューを敢行! マツダの新しいクルマ造りが始まった感が漂う。セダンとハッチバックで共通はボンネットとAピラーのみ、と言う徹底ぶりで、それぞれが ...マツダ 新型アクセラ(マツダ3)がワールドプレミア スカイアクティブXは?日本導入は...
    12/04/2018 08:03 PM
    レスポンスマツダの自動運転は“人が運転を続けるため”の技術…統合制御システム開発本部 吉岡透氏【インタビュー】レスポンス人間中心」「人馬一体」を掲げるマツダと自動運転技術は、あまり強く結びつかないイメージだ。しかし、その研究開発をしていないわけではない。では、マツダが考える自動運転技術、とはどういうものなのだろうか。 統合制御システム開発本部 副本部長 吉岡透氏に、マツダの ......
    12/04/2018 04:30 PM
    http://www.autocar.jp/ (プレスリリース)マツダRX-ビジョン、量産の可能性は? マツダデザイン部門トップ語るhttp://www.autocar.jp/ (プレスリリース)2015年の東京モーターショーにて発表され、注目の的となったマツダのロータリーエンジン・コンセプトカー、RX-ビジョン。音沙汰がないまま3年が経ちましたが、計画はまだ完全に無くなったわけではないようです。and more »...
    12/04/2018 11:56 AM
    Thaco、「マツダ2」の新型発売NNA.ASIAベトナムの自動車組み立て生産大手、チュオンハイ自動車(Thaco)はこのほど、組み立て生産するマツダのコンパクトカー「マツダ2(日本名:デミオ)」の新型を発売した。11月30日付ダウトゥ電子版が報じた。 販売価格はセダンが5億900万ドン(2万1,840米ドル、約250万円)…...
    12/04/2018 12:02 AM