NBA

出典: Wikipedio


プライバシー・ポリシー Wikipedioについて 免責事項 Template:スポーツリーグ NBA(National Basketball Association, ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は、北米のプロバスケットボールリーグであり、30チームの内29チームがアメリカ合衆国、1チームがカナダを本拠としている。また、FIBAに加盟しているUSAバスケットボール (USAB) のアクティブ・メンバーの一つであり、北米4大スポーツリーグの一つである。

1946年6月6日ニューヨークで設立。設立当初は、BAA (Basketball Association of America) という名称だった。ライバル関係にあったNBL (National Basketball League) から数チームを引き抜いたあと、1949年の秋に、NBAという名前に改称した。

NBAには各国に独立した事務所があるが、すべてニューヨーク5番街のオリンピック・タワー内にある本部の管理下にある。NBA EntertainmentとNBA TVスタジオは、ニュージャージー州セコーカスに本部がある。

目次

概説

アメリカカナダに全30チームがあり、東西2つのカンファレンス、さらにそれぞれ3つのディビジョン(各5チーム)に分かれて、10月から翌年4月までレギュラーシーズン82試合が行われる。

  • 同ディビジョンチームとの対戦はホーム、アウェイ各2試合の4試合(計16試合)
  • 同カンファレンス、他ディビジョンチームとの対戦は3 - 4試合(計36試合)
  • 他カンファレンスチームとの対戦はホーム&アウェイの2試合(計30試合)

レギュラーシーズン終了後、各ディビジョン内の勝率1位、及びそれらのチーム以外でカンファレンス内の勝率上位5チームが、東西それぞれのカンファレンスで4戦先勝方式のプレーオフトーナメント「NBAプレーオフ」を戦う。

プレイオフはカンファレンス内の順位で組合せが決定(1位 - 8位、2位 - 7位、3位 - 6位、4位 - 5位)。それぞれ対戦する2チームで勝率が高い方に、(7戦目まで進んだ場合)一方のチームより1試合多くホームゲームを戦える「ホームコートアドバンテージ」が与えられる。※A:勝率が高いチーム B:勝率が低いチーム→AABBABAというホーム開催となる。

両カンファレンスを優勝したチーム同士で行われる決勝は「NBAファイナル」(6月上旬 - 中旬開催)と呼ばれ、世界各地に中継放送されて30億人が観戦していると言われる。

NBA独自のルール

国際バスケットボール連盟 (FIBA) ルールとは異なる独自のルールがあり、その違いからオリンピック、世界選手権などでアメリカが苦戦を強いられる要素にもなっている。ただし、2010年10月から五輪や世界選手権で、2012年10月からは各国で、それぞれFIBAルールが改正され、3ポイントラインが50cm下がり、ペイントゾーンが長方形になる。これによって国際ルールとNBAルールが近づくことになる。

  • ノーチャージ・エリア:ゴール真下の半円より内側ではオフェンスのチャージングが適用されない。
  • パーソナルファウル6つで退場となる。
  • ゴール下のペイントゾーンが長方形である。
  • 3ポイント・ラインが国際ルールのコートよりも約1m後方。
  • ディフェンス3秒ルール:オフェンスプレイヤーにマークマンとしてついていないディフェンダーは、ゴール下のペイントゾーンに3秒以上留まっていてはいけない。
  • 試合時間は、国際ルールが前半後半各20分の2分割に対して、NBAの試合時間はアメフトの名残を受けて、1回各12分4分割(クォーター)方式である。2Qと3Qの間に10分間の大きな休憩もといハーフタイムショーが入る。

したがって、国際ルールの試合よりも合計8分間長丁場という事になる。

  • アリウープパスにおける違い:アリウープ(ゴールめがけて投じるシュートと疑われる可能性のある大きなパスの事、バスケットボールにおいてはシュートしたボールに対して落下を始めてから手を触れると反則となる)に関しては国際ルールはもちろんの事NBAでも基本は禁止ではあるがNBAにおいては、これをシュートと見なさずパスとして扱い選手が空中で落下中のボールをキャッチして直接そのボールをそのままダイレクトでダンクシュートとしてゴールに叩き込むのだがNBA全チーム並びにコミッショナーの暗黙の了解の上でファウルとは見なされていない。NBAにおける最大の見せ場の一つでもある。

NBAの歴史

創成期

NBAはバスケットボール誕生から約半世紀後に創設された。創設の目的はプロアイスホッケーに利用されるアリーナの空き時間を埋めるためであり、初代コミッショナーにはAHLの会長であるモーリス・ポドロフが就任した。1946年11月1日に、トロント・ハスキーズニューヨーク・ニッカボッカーズの顔合わせで初めて試合が行われた。1949年NBLと合併し、ジョージ・マイカンがNBA入りした。

  • 1892年 カナダ人体育講師ジェームズ・ネイスミスにより考案されたバスケットボールの初めての試合が行われる。
  • 1946年 BAA創設。参加チームは11。
  • 1949年 ライバルリーグであったNBLを吸収合併し、NBAに名称を変更。参加チームは17に。

1950年代

この時期リーグは大きな2つの変化を経験する。その1つが24秒ショットクロック(ボールを保持したチームが24秒以内にシュートをしなければ、相手ボールとなる)の導入だった。NBLの吸収で17チームにまで膨れ上がったNBAだが人気は停滞し、1954年には8チームにまで減少した。このような状況を打破すべく導入されたショットクロックは、試合のテンポを早くし、より娯楽性の高いものとした。もう1つの変化は黒人選手の隆盛だった。当時のNBAは選手の大半を白人が占めていたが、1950年にはNBA初の黒人選手チャック・クーパーがドラフト指名され、1956年にはビル・ラッセルがNBA入りし、1959年にはウィルト・チェンバレンが新人にして得点王、リバウンド王、新人王、MVP4冠を達成した。1950年代前半はマイカン率いるミネアポリス・レイカーズがNBA初の3連覇を達成。後半にはラッセル擁するボストン・セルティックスがリーグを支配し始める。

  • 1951年 ペイントエリア(制限区域)を6フィートから12フィートに拡大。
  • 1954年 24秒バイオレーションルール(ショットクロック)を導入。

1960年代

1960年代はセルティックスの時代だった。ラッセルを始めボブ・クージービル・シャーマンサム・ジョーンズジョン・ハブリチェックらを擁したセルティックスは、名将レッド・アワーバックに率いられ、1958 - 59シーズンから65 - 66シーズンまでの8連覇を達成した。セルティックスがリーグを支配する一方で、チェンバレンの1試合100得点やオスカー・ロバートソンのシーズン平均トリプルダブル達成などの記録も生まれた。NBAは60年代末には傘下チームを14に増やすなどしようやく軌道に乗り始めたが、1967年にはライバルリーグABAが誕生した。

1970年代

リーグはセルティックスの支配が終わり群雄割拠の時代を迎え、全体的にビッグマンが活躍する時代となる。70年代前半は大都市のロサンゼルス・レイカーズニューヨーク・ニックスが3回NBAファイナルで対戦して人気を博したが、70年代中盤からベトナム戦争の暗い時代背景や薬物などの蔓延によりNBAの人気は低迷し、またABAとの競争のための事業拡大はリーグ全体の質の低下を招いた。カリーム・アブドゥル・ジャバーやABA出身のジュリアス・アービングらがリーグを牽引したが、人気の回復には至らなかった。

1980年代

どん底まで沈んでいたNBAを救ったのはマジック・ジョンソンラリー・バードの登場だった。両者のライバル関係はリーグを活性化させ、80年代のNBAファイナルはジョンソンのロサンゼルス・レイカーズとバードのセルティックスのいずれかが争った。またマイケル・ジョーダンら次世代を担うスター選手らが続々とNBA入りを果たしたのもこの時期であり、また第4代コミッショナーに就任したデビッド・スターンはリーグのクリーン化に力を注いだ。NBAの人気は加速度的に増していき、チーム数は27にまで増加する。そして80年代末のバットボーイズの連覇を経て、NBAはジョーダンの時代を迎えた。

1990年代

NBA史上最高の選手の一人に挙げられるジョーダン率いるシカゴ・ブルズがリーグを席巻し、2度の3連覇、6度の優勝を果たした。ジョーダンと個性溢れる様々なライバル選手との熱戦は世界中にテレビ中継され、アメリカ国内のみならず、海外のNBAブームにも火を着けた。そしてNBAの世界的な人気を決定的なものにしたのが、1992年バルセロナ五輪へのドリームチーム派遣であった。また海外出身のアキーム・オラジュワンが2年連続でファイナルMVPを受賞し、カナダに新チームを立ち上げるなどグローバリゼーションが進む一方、90年代は選手の年俸が高騰した時期でもあり、ブルズが2度目の3連覇を果たした1998年にはロックアウトが起き、開幕が大幅に遅れ、シーズンが短縮される事態に陥った。

2000年代

21世紀最初の王朝はシャキール・オニールコービー・ブライアントを擁し3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズだった。またティム・ダンカン擁するサンアントニオ・スパーズも98-99シーズンを含む計4回の優勝を果たすなど、2000年代のNBAはウェスタン・カンファレンスに強豪チームが揃う西高東低と呼ばれる図式となった。また、2000年代は海外出身選手も急増し、2002年2005年2006年NBAドラフトではアメリカ国外出身選手が1位指名を受け、04-05シーズン以降3シーズン連続でシーズンMVPは海外出身選手が獲得しており、06-07シーズンにはシーズンMVPとファイナルMVPを海外出身選手が獲得した。

Template:節stub

所属チーム

Template:NBA labeled map

イースタン・カンファレンス

地区 チーム 創設年 加盟年 本拠地
アトランティック ボストン・セルティックス
Boston Celtics (BOS)
1946 Template:Flagiconマサチューセッツ州ボストン
TDガーデン
ニュージャージー・ネッツ
New Jersey Nets (NJN)
1967 1976 Template:Flagiconニュージャージー州イーストルーサーフォード
アイゾッド・センター
ニューヨーク・ニックス
New York Knicks (NYK)
1946 Template:Flagiconニューヨーク州ニューヨークマンハッタン
マディソン・スクエア・ガーデン
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
Philadelphia 76ers (PHI)
1946 1949 Template:Flagiconペンシルベニア州フィラデルフィア
ワコビア・センター
トロント・ラプターズ
Toronto Raptors (TOR)
1995 Template:Flagiconオンタリオ州トロント
エア・カナダ・センター
セントラル シカゴ・ブルズ
Chicago Bulls (CHI)
1966 Template:Flagiconイリノイ州シカゴ
ユナイテッド・センター
クリーブランド・キャバリアーズ
Cleveland Cavaliers (CLE)
1970 Template:Flagiconオハイオ州クリーブランド
クイックン・ローンズ・アリーナ
デトロイト・ピストンズ
Detroit Pistons (DET)
1941 1948 Template:Flagiconミシガン州デトロイト
ザ・パレス・オブ・オーバンヒルズ
インディアナ・ペイサーズ
Indiana Pacers (IND)
1967 1976 Template:Flagiconインディアナ州インディアナポリス
コンセコ・フィールドハウス
ミルウォーキー・バックス
Milwaukee Bucks (MIL)
1968 Template:Flagiconウィスコンシン州ミルウォーキー
ブラッドリー・センター
サウスイースト アトランタ・ホークス
Atlanta Hawks (ATL)
1946 1949 Template:Flagiconジョージア州アトランタ
フィリップス・アリーナ
シャーロット・ボブキャッツ
Charlotte Bobcats (CHA)
2004 Template:Flagiconノースカロライナ州シャーロット
タイム・ワーナー・ケーブル・アリーナ
マイアミ・ヒート
Miami Heat (MIA)
1988 Template:Flagiconフロリダ州マイアミ
アメリカン・エアラインズ・アリーナ
オーランド・マジック
Orlando Magic (ORL)
1989 Template:Flagiconフロリダ州オーランド
アムウェイ・アリーナ
ワシントン・ウィザーズ
Washington Wizards (WAS)
1961 Template:FlagiconワシントンD.C.
ベライゾン・センター

ウェスタン・カンファレンス

地区 チーム 創設年 加盟年 本拠地
ノースウェスト デンバー・ナゲッツ
Denver Nuggets (DEN)
1967 1976 Template:Flagiconコロラド州デンバー
ペプシ・センター
ミネソタ・ティンバーウルブズ
Minnesota Timberwolves (MIN)
1989 Template:Flagiconミネソタ州ミネアポリス
ターゲット・センター
オクラホマシティ・サンダー
Oklahoma City Thunder (OKC)
1967 Template:Flagiconオクラホマ州オクラホマシティ
フォード・センター
ポートランド・トレイルブレイザーズ
Portland Trail Blazers (POR)
1970 Template:Flagiconオレゴン州ポートランド
ローズ・ガーデン
ユタ・ジャズ
Utah Jazz (UTA)
1974 Template:Flagiconユタ州ソルトレイクシティ
エナジーソリューションズ・アリーナ
パシフィック ゴールデンステート・ウォリアーズ
Golden State Warriors (GSW)
1946 Template:Flagiconカリフォルニア州オークランド
オラクル・アリーナ
ロサンゼルス・クリッパーズ
Los Angeles Clippers (LAC)
1970 Template:Flagiconカリフォルニア州ロサンゼルス
ステイプルズ・センター
ロサンゼルス・レイカーズ
Los Angeles Lakers (LAL)
1946 1948 Template:Flagiconカリフォルニア州ロサンゼルス
ステイプルズ・センター
フェニックス・サンズ
Phoenix Suns (PHX)
1968 Template:Flagiconアリゾナ州フェニックス
USエアウェイズ・センター
サクラメント・キングス
Sacramento Kings (SAC)
1945 1948 Template:Flagiconカリフォルニア州サクラメント
アルコ・アリーナ
サウスウェスト ダラス・マーベリックス
Dallas Mavericks (DAL)
1980 Template:Flagiconテキサス州ダラス
アメリカン・エアラインズ・センター
ヒューストン・ロケッツ
Houston Rockets (HOU)
1967 Template:Flagiconテキサス州ヒューストン
トヨタセンター
メンフィス・グリズリーズ
Memphis Grizzlies (MEM)
1995 Template:Flagiconテネシー州メンフィス
フェデックス・フォーラム
ニューオーリンズ・ホーネッツ
New Orleans Hornets (NOH)
1988 Template:Flagiconルイジアナ州ニューオーリンズ
ニューオーリンズ・アリーナ
サンアントニオ・スパーズ
San Antonio Spurs (SAS)
1967 1976 Template:Flagiconテキサス州サンアントニオ
AT&Tセンター

優勝の記録

チーム 優勝 優勝年
ボストン・セルティックス 17 1957, 1959, 1960, 1961, 1962, 1963, 1964, 1965, 1966, 1968, 1969, 1974, 1976, 1981, 1984, 1986, 2008
ロサンゼルス・レイカーズ 16 1949, 1950, 1952, 1953, 1954, 1972, 1980, 1982, 1985, 1987, 1988, 2000, 2001, 2002, 2009, 2010
シカゴ・ブルズ 6 1991, 1992, 1993, 1996, 1997, 1998
サンアントニオ・スパーズ 4 1999, 2003, 2005, 2007
ゴールデンステート・ウォリアーズ 3 1947, 1956, 1975
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 3 1955, 1967, 1983
デトロイト・ピストンズ 3 1989, 1990, 2004
ニューヨーク・ニックス 2 1970, 1973
ヒューストン・ロケッツ 2 1994, 1995
ボルティモア・ブレッツ 1 1948
サクラメント・キングス 1 1951
アトランタ・ホークス 1 1958
ミルウォーキー・バックス 1 1971
ポートランド・トレイルブレイザーズ 1 1977
ワシントン・ウィザーズ 1 1978
オクラホマシティ・サンダー 1 1979
マイアミ・ヒート 1 2006

薬物問題

2005-06シーズンの前に合意した労使協定で、運動能力を高めるために人体に強い影響を及ぼす薬物を使用した選手に対する罰則を強化した。違反1回目で10試合、2回目で25試合、3回目で1年間の出場停止、そして、4回目にはリーグから追放される。全選手を対象に、シーズン中に4回、ランダムに検査が行われる。

乱闘

2004年11月19日のペイサーズピストンズ戦は、観客を巻き込んだ大乱闘となった。

人物

会長・コミッショナー

NBA25周年記念オールタイムチーム Template:NBA25 NBA35周年オールタイムチーム Template:NBA35 NBA 50周年記念オールタイムチーム Template:NBA50

テレビ放映権

NBAは157の放送局を通じて、214カ国に43の言語で放送されている。テレビ放映権は、全国放送やポストシーズンに限りリーグが管轄し、ローカル放送はチームが放送局と直接契約を結んでいる。そのため、レギュラーシーズン、ポストシーズン全試合の放映権を管轄しているNFLと違い、チームによって放映権料収入は大きく異なる。

アメリカ国内ではESPNABCESPN on ABC)、TNTで放送される。ABCは日曜昼とファイナル全試合が、TNTでは木曜夜の試合とオールスターが放送されている。

日本向け放映権は日本放送協会(NHK)、J SPORTS、およびスカパーJSATスカチャンなどで放送)が獲得している。かつてはテレビ東京テレビ朝日TBSで中継していた時期もあった。

2002年からの新放映権契約で、NBAの放映権料収入は年間約4億ドルとなった。

下部組織相当のリーグ

NBAが直接運営するマイナーリーグはなかったが、近年NBAデベロップメント・リーグ(通称Dリーグ)(旧・略称NBDL、現・略称NBADL)を直轄の下部リーグとして運営している。それ以外の組織は独立リーグ(セミプロ)と見なされる。

個人タイトル

個人に与えられる主な賞。

関連項目

外部リンク

Template:NBA Template:NBAシーズン Template:Bb start Template:国際バスケット Template:男子プロバスケットボールリーグ Template:Bb endar:الرابطة الوطنية لكرة السلة az:NBA bat-smg:NBA be-x-old:Нацыянальная баскетбольная асацыяцыя bg:Национална баскетболна асоциация (САЩ) bs:NBA ca:NBA ceb:National Basketball Association cs:National Basketball Association da:NBA de:National Basketball Association el:NBA en:National Basketball Association eo:National Basketball Association es:National Basketball Association et:NBA eu:NBA fa:اتحادیه ملی بسکتبال آمریکا fi:NBA fr:National Basketball Association gl:National Basketball Association he:ליגת ה-NBA hi:नेशनल बास्केटबॉल असोसिएशन hr:National Basketball Association hu:National Basketball Association hy:NBA id:National Basketball Association is:National Basketball Association it:National Basketball Association ka:ნაციონალური საკალათბურთო ასოციაცია ko:미국 농구 협회 lt:National Basketball Association lv:Nacionālā Basketbola asociācija mk:Национална кошаркарска асоцијација ml:എൻ.ബി.എ. mn:Үндэсний Сагсан Бөмбөгийн Холбоо mr:नॅशनल बास्केटबॉल असोसिएशन nl:National Basketball Association no:National Basketball Association oc:National Basketball Association om:NBA pl:National Basketball Association pt:National Basketball Association ro:National Basketball Association ru:Национальная баскетбольная ассоциация sh:NBA simple:National Basketball Association sl:NBA sq:National Basketball Association sr:NBA sv:National Basketball Association sw:Chama cha Mpira wa Kikapu Marekani ta:என்.பி.ஏ. tg:НБА th:เอ็นบีเอ tl:National Basketball Association tr:ABD Profesyonel Basketbol Ligi uk:Національна баскетбольна асоціація vls:National Basketball Association zh:NBA zh-yue:NBA

個人用ツール