龍樹

出典: Wikipedio


Template:出典の明記 Template:Infobox Buddhist 龍樹(りゅうじゅ、नागार्जुन Nāgārjuna)は、インド仏教である。

「龍樹」とは、サンスクリットの「ナーガールジュナ<ref>ナーガールジュナ…ナーガは、蛇(蛇神転じて龍)、アルジュナインド神話の『マハーバーラタ』に登場する武将から(転じて英雄の意味もある)。</ref>」の漢訳名で、日本では漢訳名を用いることが多い。

日本では、八宗祖師と称される。また真言宗では、真言八祖の1人であり、浄土真宗七高僧の第一祖とされ「龍樹菩薩」・「龍樹大師」と尊称される。密教系の仏教では、「龍猛」(りゅうみょう)と呼ばれることもある。

目次

概要

南インドのビダルバの出身のバラモンと伝えられ、幼い頃から多くの学問に通じた。サータヴァーハナ朝の保護のもと、セイロンカシミールガンダーラ・中国などからの僧侶のために院を設けた。この地(古都ハイデラバードの東70km)は後にナーガールジュナ・コーンダ(丘)と呼ばれる。

大衆部上座部・上座部系説一切有部、さらには当時はじまった大乗仏教運動を体系化したともいわれる。ことに大乗仏教の基盤となる『般若経』で強調された「」を、無自性に基礎を置いた「空」であると論じて釈迦縁起を説明し、後の大乗系仏教全般に決定的影響を与える。このことにより龍樹菩薩は「大乗八宗の祖」として仰がれている。

彼の教えは、鳩摩羅什によって中国に伝えられ、三論宗が成立。また、シャーンタラクシタによってチベットに伝えられ、ツォンカパを頂点とするチベット仏教教学の中核となる。8世紀以降のインド密教においても、龍樹を著者とする『五次第』などの多数の文献が著された。日本には三論宗が伝来したものの衰退してしまい、この教義を中心に据える特別な流派は存在しない。しかし、大乗仏教のほとんどの宗派では重要な存在として「八宗の祖」と呼ばれ崇められている。

生涯

インド原典で伝わるナーガールジュナ伝が存在しないため史学的に厳密な生涯は不詳であるが、鳩摩羅什訳と伝えられる『龍樹菩薩伝』などによって生涯の概要を窺い知る事ができる。無論、神秘主義者達による後世のフィクションが多いためそれをそのまま受け取る事は出来ないが、当時の人々が龍樹をどのように伝えていたかを知る上で重要な資料であると考えられている。

龍樹菩薩伝の伝説は以下の通りである。この伝説は学者によっては鳩摩羅什作とも主張されており、真偽のほどは定かではない。(この他にも諸伝が存在する。)

Template:Indent

龍樹の空観

この「空」の理論の大成は龍樹の『中論』などの著作によって果たされた。(なお、伝統的に龍樹の著作とされるもののうち『中論(頌)』以外のほとんどは、近代仏教学では龍樹の真作か疑わしいと見られている。)

龍樹は、存在という現象も含めて、あらゆる現象はそれぞれの因果関係の上に成り立っていることを論証している。この因果関係を釈迦は「縁起」として説明している。

さらに、因果関係によって現象が現れているのであるから、それ自身で存在するという「ユニークな実体」(=自性)はないことを明かしている。これによって、縁起によってすべての存在は無自性であり、それによって「空」であると論証しているのである。龍樹の「空」はこれから「無自性空」とも呼ばれる。

しかし、空である現象を人間がどう認識し理解して考えるかについては、直接的に知覚するということだけではなく、人間独自の概念化や言語を使用することが考えられる。龍樹は、人間が空である外界を認識する際に使う「言葉」に関しても、仮に施設したものであるとする。

大品般若経』の中に以上の内容が含まれているため、龍樹自身がこの経典編纂に携わっていたのではないかという説もある。

この説を、空である法の世界と、言語によって誤って概念的に認識した世界を、それぞれ真諦俗諦という二つの真理があるとする。言葉では表現できない釈迦のさとりは真諦であり、言葉で表現された釈迦の言葉を集めた経典などは俗諦であるとする、二諦説と呼ばれる。

さらに、龍樹は「無自性空」から「中」もしくは「中道」もほぼ同義語として扱い、釈迦の中道への回帰を説いている。

著作

  • 中論 (madhyamaka kArikA)(正確には頌のみ彼の著作)
    説一切有部を代表とする実在論を否定し、世俗においては、すべてのものは実体として認識することはできず、単に言葉によって施説されたものであると説く(「有」または「無」または「有無」または「非有非無」)。勝義においては、それらすべての言語活動すら止滅する(「有」または「無」または「有無」または「非有非無」において、その全ての否定)。この主張を受け継いだのが中観派である。
  • 廻諍論(えじようろん、vigrahavyAvartanI)
  • 空七十論 (zUnyatAsaptati)
  • ヴァイダルヤ論
  • 十二門論 - 真偽問題が未解決。
  • 大智度論 - 真偽問題が未解決。
  • 十住毘婆沙論 - 真偽問題が未解決。大乗菩薩の階位について論述している。ことに易行品によって浄土教の往生と成仏が論証されている。
  • 宝行王正論(ratnAvalI)

錬金術

インドでは仏教の僧であるよりも錬金術師・占星術師として有名で著作伝説があるが、これはこの項で触れている龍樹よりもはるか後代に出現した同名の錬金術師と混同されているためである。

  • 『ラサ=ウパニシャッド』 - ナーガールジュナ作の錬金術の方法が記述されている。
  • 『ラサ・ラトナーカラ』、玄奘『大唐西域記』 - ナーガールジュナとサーリヴァハーナ王(引正王)の対話(不老長寿の霊薬など)。
  • 『ラサラトナ=サムッチャヤ』(水銀の宝の集成) - 水銀学の27人の学者のなかでナーガールジュナ(とナーガボーディ〈龍智?〉)をあげる。

脚注

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

関連項目

関連文献

外部リンク

Template:Buddhism2 Template:浄土教2 Template:密教2Template:Link FA

ca:Nagarjuna cs:Nágárdžuna da:Nagarjuna de:Nagarjuna en:Nagarjuna eo:Nagarĝunao es:Nāgārjuna et:Nāgārdžuna eu:Nagarjuna fa:ناگارجونه fi:Nāgārjuna fr:Nāgārjuna gan:龍樹 he:נגרג'ונה hi:नागार्जुन (प्राचीन दार्शनिक) hr:Nagarđuna is:Nagarjuna it:Nāgārjuna jbo:nagardjunas ko:용수 lt:Nagardžuna ml:നാഗാർജ്ജുനൻ nl:Nagarjuna no:Nagarjuna pl:Nagarjuna pt:Nagarjuna ru:Нагарджуна sh:Nagarjuna sk:Nágárdžuna sr:Нагарђуна sv:Nagarjuna ta:நாகார்ஜூனா te:నాగార్జునుడు th:นาคารชุนะ tr:Nagarjuna vi:Long Thụ war:Nagarjuna yo:Nagarjuna zh:龍樹

個人用ツール