北斗の拳

出典: Wikipedio


プライバシー・ポリシー Wikipedioについて 免責事項 Template:漫画北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作:武論尊、作画:原哲夫による日本漫画。およびそれを原作・題材としたテレビアニメ(1984年)・ゲームなどを指す。

本項では原作である漫画を中心に、その関連作品についても述べる。

Template:ポータル

目次

作品解説

核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、水と食料といった残された資源をめぐって争いが繰り返されるという最終戦争後の199X年が舞台。暴力が支配する弱肉強食の世界に現れた、伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。

週刊少年ジャンプ』(集英社1983年41号から1988年35号に連載。1980年代の『週刊少年ジャンプ』を代表する作品の一つであり、漫画家・原哲夫と漫画原作者・武論尊の最大のヒット作にして代表作である。単行本は1984年から1989年にかけてジャンプ・コミックス全27巻が発売されたほか、愛蔵版、文庫版(それぞれ全15巻)が刊行されている。2004年には徳間書店からコンビニコミック形式で全12巻が出版されたほか、2006年には小学館より完全版全14巻が刊行された。現在本作品の「前史」を扱う作品『蒼天の拳』に関わっているコアミックスからは、2002年よりフルカラー化したマスターエディションが発売されたが、刊行は4巻までで頓挫。同社からは、付録としてフィギュアをつけた編集版全24巻も発売されている。

宿命的な物語の他に、主人公の使う北斗神拳により人間の頭や胴体が破裂する描写、「ひでぶ」「あべし」「たわば」などといった言葉にならないような断末魔の悲鳴(#断末魔の叫び参照)、ケンシロウが相手に対して「お前はもう死んでいる」と死を告げる台詞や、「秘孔を突く」といった表現などが人気を博し一大ブームを巻き起こした。ただし台詞の流行は、アニメの特に初期での多用が強く影響したもので、原作では1・2回程度しか使われていない(原作最終回でのケンシロウの最後の台詞は「お前はもう死んでいる」)。

Template:ネタバレ

あらすじ

西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。だが、人類は死に絶えてはいなかった。暴力がすべてを支配する世界となった核戦争後の大地で、途中で出会ったリンバットを連れ、北斗神拳伝承者・ケンシロウが暴徒を相手に拳を振るう。北斗神拳を共に修行した兄たち、それぞれの宿星を持つ南斗聖拳の伝承者達が現れ、ケンシロウと激闘を繰り広げていく。

構成

分類はテレビアニメを基としたもの。原作では「第一部」や「~編」のような表記は行われていない。TVアニメ版基調では『北斗の拳』第1部を「サザンクロス編」、第2部を「風雲龍虎編」、第3部を「乱世覇道編」、第4部を「最終編」としており、『北斗の拳2』では第1部を「天帝編」、第2部を「修羅の国編」としている。

第一部

サザンクロス編
ケンシロウの胸に七つの傷を付けた上、婚約者・ユリアを強奪した北斗神拳と表裏をなす南斗聖拳のシンは、彼女のために巨大な街サザンクロスを築き、関東平野を支配し"KING"を名乗っていた。ケンシロウはシンと雌雄を決し勝利するが、シンからユリアの自殺が伝えられる。
風雲龍虎編
リンやバットと旅を続けるケンシロウは、マミヤの率いる村にたどり着き、そこで知り合った南斗水鳥拳"義星"のレイと共に、村を狙っていた牙一族を倒す。
さらにケンシロウの名を騙り暴虐を働いていた北斗三男ジャギ、次兄トキに成りすましていたアミバ、トキを幽閉していたカサンドラ獄長ウイグルを倒し、トキと再会。北斗の長兄ラオウは"拳王"と名乗り、世紀末覇王を目指していた。
ケンシロウはラオウと対決するが、お互い死力を尽くした闘いは相打ちの引き分けに終わった。だが、先にラオウに挑んだレイは、死の秘孔を突かれて敗北し、南斗六聖拳の崩壊を招いた"妖星"のユダとの闘いを経て壮絶な死を遂げる。
乱世覇道編
南斗乱れる時、北斗現れる。"聖帝"を名乗り、愛を否定して覇道を突き進む南斗六聖拳"将星"のサウザー、それに抵抗する"仁星"のシュウとの争いに巻き込まれる。これに終止符を打つべく、ケンシロウは、少年時代に命を救われた恩人シュウに味方してサウザーと対決。一度は完全に敗れたものの、再戦で南斗聖拳最強のサウザーを倒し、野望を阻止する。
サウザーの死により、覇王として天を掴もうとする者は、もはや"拳王"ことラオウただ一人。やがてラオウはトキの実兄であることが分かり、トキは病の身を押して、兄ラオウの拳を封じるべく再び拳士として立ち上る。死力を尽くして2人は戦うが、トキは敗北して残り少ない余生を送ることとなる。
一方、天の平定を望みラオウの元に下っていた"天狼星"のリュウガは、ケンシロウの力を覚醒させて、その力を見究める為、トキを殺害したように見せかけケンシロウと戦う。しかしリュウガはすでに割腹しており、トキと共に事切れる。そして死の間際、彼がユリアの実兄であることが明かされる。
最終章
ラオウの勢力下の町は荒廃していた。"南斗聖拳最後の将"を守護する南斗五車星たちは、ラオウ軍に立ち向かう。やがて"最後の将"の正体が存命していたユリアであることが判明する。
ケンシロウは北斗神拳伝承者の誇りとユリアをかけて、覇道を完成させんとするラオウと拳を交わす。互いに究極奥義を身につけ、北斗神拳の奥義が全く通じない凄絶な闘いとなったが、一片の狂いもないケンシロウの無想の拳に対し、ラオウの闘気に乱れが生じ、その隙をついた必殺の拳がラオウの胸に突き刺さって決着した。
敗れたラオウは自ら秘孔を突き、残った気を天に放出、「わが生涯に一片の悔いなし!!」と最期に発した言葉ともに天に帰り、ケンシロウは、ラオウの処置によって延命したユリアと共に去っていく。

第二部

天帝編
激闘の末、ケンシロウはラオウを破ったが、平安の時代は短く、世は"天帝"による圧政の時代になっていた。ユリアと死別したケンシロウは再び立ち上がり、成長し「北斗の軍」を率いるリンやバットとともに、天帝による支配に立ち向かう。
天帝側の人物が使う拳法として、北斗南斗に匹敵する元斗皇拳が登場する。伝承者ファルコは、かつてラオウに互角の力量と認められながらも、村の安全と引き換えに自身の足一本を差し出したほどの漢だった。ケンシロウは、元斗の拳士との闘いを経て、天帝の威光を笠に着て悪政を繰り広げる元凶、総督ジャコウを倒す。ここからはあえて画風を変えて掲載されている。
修羅の国編
リンは、ジャコウの息子ジャスクにより、海を超えた"修羅の国"に連れ去られた。ケンシロウは天帝の血を引くリンを追って単身修羅の国へと渡り、そこで新たな敵、修羅の存在を知る。修羅は、手負いとはいえ元斗皇拳最強の男・ファルコを瀕死に追い込むほどの強さを誇った。
修羅の国とは何か? かの国で流れるラオウ伝説の正体は? ケンシロウと北斗神拳の来歴が明らかとなり、もう一つの北斗である北斗琉拳の伝承者達との死闘が繰り広げられる。自身の実兄ヒョウと、ラオウの実兄であり北斗琉拳最強の男カイオウを倒したケンシロウは、リンをバットに託して再び旅立っていく(TVアニメではここまでが放送された)。
最終章
「ケンシロウは、一体誰を北斗神拳の後継者にするつもりなのか?」その答えとして、彼はラオウの実子リュウを後継者に選んだ。リュウとの旅の途上、ケンシロウはサヴァ王家を和解させるなどの活躍を見せる。
リュウを元拳王軍の良将バルガに預けたケンシロウは、再び旅を続けるが、マミヤからバットとリンの顛末を聞く。バットはリンの記憶を消し、ケンシロウを思い出させようとしていた。立ち去ろうとしたケンシロウもまた、ユリアの導きによって記憶を失い、2人と再会する。バットは身を引き、ケンシロウの身代わりとして彼を執拗に狙うボルゲと戦うが、凄惨な拷問を受ける。戦いの中で、ケンシロウ・リンともに記憶を取り戻す。

『少年ジャンプ』での連載の経緯

デビュー作である『鉄のドンキホーテ』が短期で打ち切りとなった原に、堀江信彦が漫画家を続けることを勧める。原の作風に合わせて堀江が出した格闘技漫画のアイディアを元に、『北斗の拳』の原型となる読み切り作品「北斗の拳」を執筆。主人公霞拳四郎が北斗神拳で恋人ユキを殺した悪と闘うというもので、時代設定は現代である。「お前はもう死んでいる」の台詞も原は堀江の発案としている。『フレッシュジャンプ』(以下、『FJ』と表記)1983年4月号に掲載された「北斗の拳」が、読者アンケート1位となり、さらに『FJ』1983年6月号に続編の読み切り「北斗の拳II」を掲載。これがまたも人気トップを獲得したため、堀江は編集長の西村繁男に掛け合い『週刊少年ジャンプ』での連載が決定した。この読み切り版「北斗の拳」は『鉄のドンキホーテ』単行本巻末に収録されている。

『ジャンプ』での連載にあたり、時代設定は核戦争後の近未来となり、奪われた恋人を探す設定となった。週刊ペースで連載するには作画に専念したいという原の意向から、堀江は同誌において『ドーベルマン刑事』以来ヒットに恵まれなかった武論尊に原作を依頼し、両者で担当する分業形式になった。また堀江は一貫して連載を担当した。読みきり作品時代には武論尊は関わっていなかった経緯から、実質上は原が原作と作画であり、武論尊はストーリー担当といった方が近い。

連載開始間もない頃から人気作品となり、落ち込み傾向にあった『ジャンプ』を救う看板作品となった。ラブコメ路線で30万部差までに追撃していた『週刊少年サンデー』を突き放し、1984年末に『ジャンプ』が400万部を達成。後の600万部体制の足がかりとなった。これについては書籍『さらば、わが青春の『少年ジャンプ』』において、西村は「サンデーのラブコメ路線を北斗の一撃が粉砕した。これにより、他誌の人気ジャンルには正反対のジャンルの作品をぶつけるというパターンができた」と語っている。

武論尊と原哲夫は後述するケンシロウとラオウとの闘いの決着をもって物語を完結させる意向だったが、当時の『ジャンプ』の方針(編集部の業務命令:ちなみにこの時点の編集長は後藤広喜)により連載は延長される。武論尊はラオウの死後、新展開の構想のため2ヶ月間は休載出来ると思っていたが、実際には翌週から開始せねばならず、連載終了後は「ラオウ編以降はあまり覚えていない」と発言している。

なお、堀江は本作の最終回に原哲夫や武論尊と同等の扱いで名前がクレジットされ、原哲夫らとは以後もコアミックスを立ち上げるなど良好な関係を続けている。

本作のギャグ性

作品の一部がギャグとして捉えられることがあるが、これについて原哲夫は必然的に表現していると語り、また原作者の武論尊もスプラッタ描写をカラッと表現するように求めたと語っている事から、偶然に笑いの要素を含んでいるのではない。アニメ版で監督を担当した芦田豊雄も、ほぼ同様の意図で制作していたという。連載当時の『ジャンプ』の読者コーナーであるジャンプ放送局でも、北斗の拳のパロディ作品投稿は非常に多かった。

悪党達のあの手この手の悪事と、それに対するサディスティックなまでのケンシロウの拷問・制裁というパターンは、「絶妙のボケとツッコミ」の一種のギャグ漫画とも解釈出来る事が、評論家の夏目房之介岡田斗司夫らによって指摘されている<ref>『マンガ夜話VOL.6』キネマ旬報社、1999年、p237</ref>。

断末魔の叫び

本作の特色及びギャグ性を現す要素の一つとして、作中で敵が断末魔に上げる異様な悲鳴が挙げられる。これらはアニメでは多用されたが、原作では1回しか使用されていない。なお、ハートが遺した断末魔の叫び「ひでぶ」の由来は「ひで=痛て(ハートの「いてぇよお〜!」という台詞)」+体の破裂する音「ぶ」の合成である、と作者の原哲夫が文庫版『北斗の拳』最終巻で解説している。それまでは、手書きのネームの段階では「ひでえ」だったものが、原哲夫が悪筆のために写植の段階で「ひでぶ」と誤植されたと勘違いされており、武論尊自身も誤植だと思っていた。

アニメ版においては、千葉繁などのいわゆる「やられ役」要員の番組レギュラー出演者らにより、アフレコ現場で様々な断末魔演技が開発され続け、声優の言葉遊びの中から生じた叫び声もあり、物語が進むにつれてエスカレートしていった。これについては千葉の項も参照。

諸設定

世界観

『北斗の拳』の世界は、全面核戦争が勃発した199X年から始まる。冒頭の「199X年、世界は核の炎に包まれた」というその199X年は1999年を意識して描かれたと、後に原哲夫は語っている<ref>2000年以後に登場したアーケードゲーム「パンチマニア」やパチスロ機「北斗の拳」では、199X年ではなく200X年とされている。「北斗の拳SE」では199X年に戻されている。</ref>。

核戦争後の世界では、地上は荒土と化し、国家機構も崩壊している。これに伴い、通貨や貨幣も無価値<ref>作品冒頭で紙幣を手に入れた野盗が「今じゃケツを拭く紙(アニメでは「鼻紙」)にもなりゃしねえ」と言って放り捨てる。</ref>となっている。また、電気を始め近代文明の所産の大半が失われている<ref>TV版、原作・天帝編、外伝『天の覇王』等では風力、あるいは人力発電が行なわれているが、その規模はあくまで小さい。</ref>が、遺産として拳銃、自動小銃、火炎放射器、バイク、自動車などは残っており、アニメ・新劇場版ではヘリコプターや戦車も登場する(武器については後述)。また、水は飲料水や農業用水としての需要の高さが影響して、あまり存在しないのに対し、バイクや車の燃料となるガソリン、軽油などの石油製品は燃料としての用途しかないためか、大量に存在している。その一方、水や食糧の生産・流通システムは崩壊し、独力での農耕や狩猟、あるいは物々交換や果ては略奪といった形で確保しなければならない。ただし、河川や湖や井戸といった物は存在しており、そこを拠点に水や魚を確保することは出来る。また、集落や町を基点に食料や奴隷などの物品を扱う商人もいる。

核戦争を生き延びた人類は、各地で集落を築いて細々と暮らす人々とそういった村々を襲撃する暴徒の両極端に分かれており、暴力がすべてを支配する世の中になっている<ref>政治機構としては、各地にある小集落は一定程度の民政や治安維持を自治的に行っているが、政治的規模はきわめて小さい。大きな政治集団としては、それらの村々を襲撃し、時には物品や食料を徴収するという軍閥しかなく、彼らの統治は力による服従、収奪とその引き換えの命の保障という最低限のものである。</ref>。北斗神拳伝承者であるケンシロウは、そういった暴徒を必殺の拳で次々と葬っていき、ラオウやトキら他の伝承者、そしてレイやシュウを始めとする「強敵(とも)」と拳を交していく。

核戦争から時間が経過するにつれ、国家や文明崩壊による混乱の収拾が見られ、国家や秩序といったものが復活していく。しかし、国家や地域間において治安や生活レベルでは大幅に格差が存在する。また、農業などの食糧生産システムも時間をかけて回復していく。

地理

物語の開始時点での舞台は日本ということにされており、KINGが「関東一円を支配する暴力組織」であると解説されるほか、冒頭で聖徳太子の描かれた1万円札が登場している。また、KING編では日本語で書かれた文章が登場する。また、終章でも時間軸上冒頭の時点で書かれた、日本語の文章が登場している。ただし、その後は、地名や著名な建造物など日本を連想させる要素は登場していない。その他、後に登場した修羅の国は現実世界でいう中国にあるものと推測されるが<ref>本作の半世紀ほど前を描いた『蒼天の拳』では、ジュウケイならびに北斗琉拳伝承者が中国におり、修羅の国が中国大陸にあることがほぼ確定した。一方で、第一話冒頭のケンシロウ誕生シーンが日本となっているため、ケンシロウの出身地が修羅の国という設定には矛盾が生じている。</ref>、修羅の国に渡航した海を「唯一残された海」と呼んでいるため、仮に修羅の国が中国にあるとすると、日本から中国への海上航路になると考えられる東シナ海、黄海、日本海以外の海が、核戦争による超高温の核爆発で全て干上がってしまったことになる。しかし、新劇場版では「死の海」と呼ばれている海が美しいままに残っていることが窺われ、案外に海が民衆の身近に存在してはいるようだ。

その一方、サヴァの国のような新興国や勢力が誕生したり、ブランカのような長い歴史と伝統を持つ国が存続している場合もある。

北斗神拳

作中では一子相伝の暗殺拳であり、中国拳法の一派とされる。北斗神拳は、人間の中に眠っている潜在能力を全て活用すること、人間の体に数多く存在するといわれる「経絡秘孔」を突くことで、人体を内部から破壊することを基本とする一撃必殺の拳法である。

Template:Main

巨漢が体のあちこちの"秘孔"を指で突かれただけで、筋肉の異常な収縮により自分の体をコントロールできなくなったり、体が内部から破壊されて破裂するという描写となっている。アニメでの演出は前述の描写をシルエットや透過光を用いて残虐性を抑えているほか、電撃が走るような描写と効果音が入る。

身長

『北斗の拳』世界の人々は、子供を除き平均身長がかなり高い。作中では180cm台のケンシロウでも「チビヤロウ」呼ばわりされている。中には10m以上あるようにしか見えない者(デビル・リバース)が登場することもある。

現実の成人男性よりもかなり大きな体格や、逆に小さな体格として描写される人物たちに関しては、作画担当の原哲夫は「体のサイズを誇張して描く事で、人物の勢いや印象がわかるように調節しているだけであり、フィクションとはいえ身長5mや10mの人間が作中で生活しているような想定は特にしてない」という趣旨のコメントをしている<ref>雑誌R25のインタビュー</ref>。なお、作中に登場する巨大な馬である黒王号も作者はこの類の単なる誇張として大きく描いたと証言しているが、黒王号くらいの体躯の馬であれば、シャイヤーやペルシュロンなど重種の系統として現実に存在する。重種馬は、重作業や甲冑を身に着けた騎士のための品種で、非常に体躯が大きく力が強いことで知られる。記録が残っている中で最大の馬であるサンプソンは体高216cmである。

死兆星

死の運命を背負った者には、北斗七星の脇に輝く小さな星「死兆星」が視認可能となる設定がある。なお、この星は実在の天体であり、アマチュア天文学の方面では二重星の好例としてよく取り上げられる恒星である(北斗七星の項目を参照)。

視力が悪いと一つの星にしか見えないこともあり、人によって見えたり見えなかったりするため、「見えると死ぬ」「見えないと死ぬ」といった伝説が各地にあり、古代ギリシャ・ローマでは、徴兵合格基準として死兆星が視力検査に使われていて、死兆星が見える視力の良い者=戦争で大怪我や死に繋がるとされた。

武器

核戦争後の混沌とした世界が舞台であるため、村々を襲撃する野盗や暴徒の類は様々な武器を使用している。拳法を極めた類の人間であっても、こうした武器を使う必要がある場面も多く、重要度は高い。

核戦争で文明が崩壊しているので、ミサイルや原子力潜水艦のようなハイテク兵器は残っていない。主要な武器は、剣や槍、斧や棍棒のような接近戦用の武器である。また、ウイグルのといった何らかの仕掛けを備えた武器も存在する。この他、毒を仕込んだ武器も使われている。また、火薬を使用しない単純構造の飛び道具として弓やボウガン、ニードルガンが活用されている。

ただし、アニメオリジナルキャラクターでシン(KING)の部下が使用するものとして、ヘリコプター、この世に1つしかないという戦車、砲台を装備した列車、要塞として改造された昔の軍艦、モンケン(鉄球付きの工事用重機)などの機械が登場した。

銃、ダイナマイトなどの爆弾の類は、多少は残っているものの数は極めて少ない。銃が登場するシーンでは、登場人物が弾丸の残量について言及している。こうしたハイテク兵器皆無、銃器は稀少という世界設定は、拳法家を活躍させるための都合上によるものであると原作者の武論尊のコメントがある。

影響を受けた作品・与えた作品など

最終戦争後の世界の設定、登場人物のファッション、主人公ケンシロウの性格設定などは、映画『マッドマックス2』(1981年)とその主人公マックス(メル・ギブソン)の多大な影響を受けていた。映画では他に『キリング・フィールド』の影響が言及されている<ref>宇都宮滋一『「ダメ!」と言われてメガヒット 名作マンガの知られざる制作現場』東邦出版、2003年、p.127。</ref>。ケンシロウの容姿面では、初期においては松田優作ブルース・リーの影響が強く、ヌンチャクを操るシーンも何度かある。人物の隆々とした筋肉の描写は、原いわくフランク・フラゼッタの影響が強い<ref>NHK『マンガノゲンバ』原哲夫インタビュー</ref>。

特定の作品ではないが、武論尊が連載前にカンボジア旅行で目撃した、ポル・ポト虐殺によって荒廃した街の風景も、本作の世界観に影響を与えた<ref>『オトナファミ 2006.Autumn』 2006年、エンターブレイン - 武論尊インタビュー。</ref>。

『北斗の拳』の大ヒットを受けて、以後のコミックやB級アクション映画などに本作の亜流が雨後の竹の子のように出現した。筋肉隆々の主人公が超人的な格闘能力で悪党をバッタバッタとなぎ倒し、その後ボスを苦戦しつつ倒し大団円になるという基本的筋書きが共通している場合が多い。更に、その『北斗の拳』の大ヒットは掲載していた『週刊少年ジャンプ』の編集方針にも大きく影響し、ポスト『北斗の拳』を目指すべく展開(バトルアクションが主体の漫画の増加等)を行っていくこととなる<ref>新田五郎「「おまえはもう……何かに似ている!」『北斗の拳』的マンガ大集合!」『トンデモマンガの世界』と学会楽工社、2008年、pp.206-224。</ref>。

『北斗の拳』の著しく荒廃した世界観から転じて、際立って治安が悪い地域や無行政状態の地域に対する比喩的表現として、ソマリアや南アフリカ共和国のヨハネスブルグなど、特定の都市や地域が「リアル北斗の拳」「北斗の拳状態」と呼ばれることがしばしばある<ref>『産経新聞』 2006年4月20日 大阪夕刊8面</ref>。

著名人のファン

格闘家からは、プロレスラー橋本真也獣神サンダー・ライガー佐々木健介ジョシュ・バーネット、空手家の佐竹雅昭、柔道家の谷本歩実などがおり、彼らはラオウを尊敬している。角田信朗は自分の息子と娘にケンシロウ、ユリアと名づけているほか、『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』に赤鯱役の声優として起用もされている。

声優の後藤邑子、女優の須藤理彩などもファンである。須藤は、ラオウ最期の台詞「わが生涯に一片の悔いなし!!」を自身の座右の銘として挙げており、同台詞と昇天ポーズのラオウがプリントされたTシャツを夫からプレゼントされた<ref>『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合テレビ、2010年1月15日放映分)</ref>。

B'zの2人もファンで、ライブで「Don't Leave Me」を歌う際、ボーカリスト稲葉浩志はケンシロウを真似たシャウトをする。『ラオウ伝 激闘の章』では、主題歌「ロンリースターズ」(シングル『永遠の翼』収録)を歌っている。

メタリカのギタリスト・カーク・ハメットは来日公演の際、ファンからフィギュアを貰い、大喜びしている映像がある。

アニメ

その人気から1984年にTVアニメ化され、これを皮切りに以下の作品群が製作されている。

実写映画

Template:Infobox FilmFist of the North Star 北斗の拳』というタイトルで1995年4月22日公開。ハリウッドで実現した実写版。ただし日本の東映ビデオ東北新社の共同製作であり、いわゆる「ハリウッド映画」ではなく東映Vシネマのアメリカ版である「Vアメリカ」として作られた。当時の『週刊少年ジャンプ』の特集記事によれば、制作費は2億円とのことで、原哲夫も「決して超大作ではない」とコメントしている。

主演はゲイリー・ダニエルズ。原作初期におけるケンシロウ対シンの物語を描いているが、南斗六聖拳や拳王の設定は一切登場しないため、シンは純粋な悪党に終始している。基本的に北斗神拳の描写は少なく、『マッドマックス』風の世紀末描写に通常の格闘アクションを加えた印象の作品になった。人体破裂描写は特撮で再現されている。鷲尾いさ子がユリア役、マルコム・マクダウェルがリュウケン役で出演しているほか、ジャギ風の敵役でショーン・ペンの弟のクリス・ペンが出演している。

なお日本で発売された吹替版ビデオでは、テレビアニメ版と同一のキャストによって吹替が行われている。

スタッフ
キャスト 

Template:Col

ゲーム

ボードゲーム 及び カードゲーム

2作品ともに、ツクダホビーより発売。

  • 北斗の拳(カードゲーム)
  • 世紀末覇者(ボード・ウォー・シミュレーションゲームの戦闘級)

コンピューターゲーム

パチスロ・パチンコ

2003年にケンシロウをメインキャラクターにしたパチスロ機『北斗の拳』がパチスロメーカーサミーから発売され大人気となった。このパチスロ機は史上最高の60万台を超える出荷台数を記録している。2006年に後継機『北斗の拳SE』が発売され、2007年にはラオウをメインキャラクターに据えて『北斗の拳2 乱世覇王伝 天覇の章』を発売となっているなど、パチスロの分野でも人気は衰えていない。2002年・2005年にはパチンコ機『CR北斗の拳』も登場したが、こちらはパチスロ機ほどの人気は得られなかった。しかし2008年9月に登場した『ぱちんこCR北斗の拳 ケンシロウ』『ぱちんこCR北斗の拳 ラオウ』は、登場人物の3D表現が巧みになり、原作と遜色なく楽しめる派手な演出が人気を集め、2008年から2009年にかけて、ほぼ全てのパチンコ店で看板機種となる記録的な大ヒットとなった。

関連作品

本作の完結後も以下の作品群が発表されている。

蒼天の拳
作:原哲夫、監修:武論尊 『週刊コミックバンチ
本作の前日談で兄弟作にあたり、2001年より連載開始。1935年の上海を舞台に、ケンシロウの2代前の伝承者、霞拳志郎の活躍を描く。
小説・北斗の拳-呪縛の街-
『北斗の拳』の時系列では今のところ、最も新しい話。ラストランドでのケンシロウの活躍を描く。これを原作としてOVA『新・北斗の拳』が制作された。
天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝
原案:武論尊・原哲夫、作画:長田悠幸 『週刊コミックバンチ』
世紀末覇王として乱世を平定しようとする北斗の長兄ラオウの激闘を描く。その生きざまは世紀末救世主として語られるケンシロウと対極する。オリジナルキャラクターの登場の他、既知の登場人物とラオウとの『 北斗の拳 』の原作にはない戦い(VSユダ、VSサウザー)やトキ、アミバ、リュウガなどとの関わり合いが描かれている。又、原作では後付け設定だった箇所の補足や矛盾点の整合も読める。
『北斗の拳ユリア外伝 慈母の星』
原案:武論尊・原哲夫、作画:笠井晶水ビッグコミックスペリオール
原作とは180度違う絵柄となっており、女性登場人物の画力は高い。物語には、『北斗の拳』特有のアクションや暴力的な場面はユリアが主人公だけに少ない。ユリアに人の運命を予知できる能力があることが描かれている。
『北斗の拳レイ外伝 華麗なる復讐者』
原案:武論尊・原哲夫、作画:猫井ヤスユキ 『週刊コミックバンチ増刊』 読み切り
蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-
原案:武論尊・原哲夫、作画:猫井ヤスユキ 『週刊コミックバンチ』
原作では描かれていない、知られざる南斗水鳥拳レイの闘いを読むことができる。上記の読切を経て、2007年に連載された。
『北斗の拳リュウケン外伝 -JUDGEMENT DAY-』
原案:武論尊・原哲夫、作画:ヒロモト森一 『週刊コミックバンチ増刊』 読み切り
ワイルドな画風で、原作の絵のギャグ的な部分も含めている。設定は、世界が全面核戦争に突入するさなかの日本。北斗神拳伝承者の決定を巡って、リュウケンとラオウとの間に交わされた密約を描いている。
銀の聖者 北斗の拳 トキ外伝
原案:武論尊・原哲夫、作画:ながてゆか 『週刊コミックバンチ』
トキを主人公とした漫画で「奇跡の村」が舞台となっている。
極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝
原案:武論尊・原哲夫、作画:ヒロモト森一 『週刊コミックバンチ』
ジャギを主人公とした漫画作品。2009年より連載開始。

その他

  • 死刑制度は人民が本来持っていた「復讐権」を国家が奪っているとし、仇討ち制度の復活を唱えている呉智英は、本作の面白さは登場人物が復讐権を自在に行使出来る点にあると評している。
  • 日清の即席ラーメン「ラ王」は、ラーメンの王様という意味である(公式ホームページ参照)。『北斗の拳』とは無関係だったが、『パチスロ北斗の拳』の大ヒットとそれに伴う『北斗』のリバイバルヒットの波に乗り、タイアップ商品「ラオウのラ王」(黒麻油豚骨味)および「ケンシロウのラ王」(醤油豚骨味)が発売された。
  • テレビ番組『いただきマッスル!』で原哲夫が本作風の出演者のイラストを提供している。なお、この番組のナレーションはケンシロウ役の神谷明が担当している。
  • 中国版『北斗神拳』では、冒頭で秘孔を突かれた男が断末魔に言った「ほ、ほくと」(「北斗」)が誤って「我、我和…」になっている。「ケンシロウ(拳四郎)」は中国版で「健次郎」になっている。
  • JACでも本作品の映画化が検討されたことがあり、真田広之がレイの役どころに仮決定、南斗水鳥拳の形を研究したとのエピソードがある<ref>TBSラジオ ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル 2009年11月21日放送分より</ref>。
  • ポッカより、2010年2月下旬より期間限定で「北斗の缶」が発売された[2]。これはポッカコーヒーの表面に漫画の絵をプリントしたものである。
  • フジテレビのアニメ放送第一回は野球延長のため中止となった。

参考資料

  • 西村繁男『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』 1994年飛鳥新社
  • 大下英治 『日本ヒーローは世界を制す』(1995年角川書店
  • 西村繁男『まんが編集術』 1999年白夜書房
  • 『マンガ夜話 vol.6 井上雄彦「SLAM DUNK」冨樫義博「幽★遊★白書」武論尊/原哲夫「北斗の拳」』(1999年キネマ旬報社)
  • 宇都宮滋一『「ダメ!」と言われてメガヒット 名作マンガの知られざる制作現場』 2004年、東邦出版
  • 『こんなマンガがあったのか! 名作マンガの知られざる続編・外伝』1999年、メディアファクトリー - 堀江信彦インタビュー。
  • 大塚英志『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』(2005年、角川書店)
  • 『オトナファミ 2006.Autumn』 2006年、エンターブレイン - 武論尊インタビュー。

関連項目

脚注

Template:脚注ヘルプ Template:Reflist

外部リンク

Template:北斗の拳シリーズar:قبضة نجم الشمال de:Fist of the North Star en:Fist of the North Star es:El Puño de la Estrella del Norte fr:Ken le survivant hr:Hokuto no Ken it:Ken il guerriero ko:북두의 권 no:Fist of the North Star pt:Hokuto no Ken sv:Fist of the North Star th:ฤทธิ์หมัดดาวเหนือ

zh:北斗神拳
個人用ツール