北一輝

出典: Wikipedio


Template:Infobox 革命家

北 一輝(きた いっき、本名:北 輝次郎(きた てるじろう)、明治16年(1883年4月3日 - 昭和12年(1937年8月19日)は、戦前日本思想家・社会運動家。

本名は北輝次(のちに輝次郎)であるが、中国の革命運動に参加し中国人革命家との交わりを深めるなかで、いつしか中国風の名前「北一輝」を名乗るようになったという。右目は義眼。このことから「片目の魔王」の異名をとる。

1923年に刊行した『日本改造法案大綱』は長く右翼のバイブルとなった。二・二六事件の理論的首謀者とされ、処刑された。

目次

年譜

  • 1883年(明治16年)4月3日新潟県佐渡島両津湊町(旧両津市、現佐渡市)の酒造業・北慶太郎と妻リクの長男輝次(のち輝次郎)として生まれる。父慶太郎は初代両津町長を務めた人物。2歳下の弟は衆議院議員北昤吉。ほかに4歳上の姉と、4歳下の弟がいる。
  • 1897年(明治30年)前年に創設されたばかりの旧制佐渡中学校(新制:佐渡高校)に1回生として入学。
  • 1898年(明治31年)とび級試験を受け、3年生に進級する。
  • 1899年(明治32年)眼病のため帝大病院に入院し、夏頃まで東京に滞在。
  • 1900年(明治33年)5年生への進級に失敗する。また、目の病気のこともあり、退学。
  • 1901年(明治34年)新潟の眼科院に7ヶ月間入院する。上京し幸徳秋水堺利彦平民社の運動にも関心を持ち、社会主義思想に接近する。
  • 1903年(明治36年)父が死去。10月「輝次郎」と改名した。『佐渡新聞』紙上に次々と日露開戦論、国体論批判などの論文を発表、『国民対皇室の歴史的観察』はたった2日で連載中止となった。弟北昤吉早稲田大学に入学すると、その後を追うように上京、同大学の聴講生となる。有賀長雄穂積八束といった学者の講義を聴講し、著書を読破すると、さらに図書館に通いつめて社会科学思想関連の本を読んで抜き書きを作り、独学で研究を進める。
  • 1906年明治39年)処女作『国体論及び純正社会主義』(『國體論及び純正社會主義』)刊行。内容は法学哲学政治学経済学生物学など多岐に渡るが、それらを個別に論ずるのではなく、統一的に論ずることによって学問の体系化を試みた所に特徴があった。即ち、北一輝の「純正社会主義」なる理念は、人間と社会についての一般理論を目指したものであった。その書において最も力を入れたのが、通俗的「国体論」の破壊であった。同書は、天皇機関説の考え方を基礎として天皇の神聖視を支配の根拠とする藩閥官僚政治への厳しい批判を行なっていたため、刊行後ただちに発禁処分を受けることになった。その失意の中で、北は宮崎滔天らの革命評論社同人と知り合い、交流を深めるようになり、中国革命同盟会に入党、以後革命運動に身を投じる。
  • 1911年(明治44年)間淵ヤス(すず子)と知り合う。同年10月、宋教仁からの電報により黒龍会『時事月函』特派員記者として上海に行き宋教仁のもとに身を寄せる。
  • 1913年(大正2年、中華民国2年)3月22日、農林総長であった宋教仁が上海北停車場で暗殺され、その犯人が孫文であると新聞などにも発表したため、4月上海日本総領事館の総領事有吉明に3年間の退清命令を受け帰国した。この経験は『支那革命外史』としてまとめられ出版される。
  • 1916年(大正5年)淵ヤスと入籍、上海の北四川路にある日本人の医院に行った。この頃から一輝と名乗る。
  • 1919年(大正8年、中華民国8年)そこに出入りしていた清水行之助、岩田富美夫らが日華相愛会の顧問を約40日の断食後に『国家改造案原理大綱』(ガリ版47部、『日本改造法案大綱』と1923年に改題)を書き上げていた北に依頼した。
  • 1920年(大正9年、中華民国9年)年8月に上海を訪問した大川周明満川亀太郎らによって帰国を要請され、12月31日に清水行之助とともに帰国。
  • 1921年(大正10年)1月4日から猶存社の中核的存在として国家改造運動にかかわるようになる。
  • 1923年(大正12年)猶存社が解散。「日本改造法案大綱」が改造社から、出版法違反なるも一部伏字で発刊された。これは、二・二六事件の首謀者である青年将校の村中孝次磯部浅一栗原安秀中橋基明らに影響を与えたと言われている。
  • この頃東京・千駄ヶ谷、後に牛込納戸町に転居し母リクの姪・従姉妹のムツを家事手伝いとして暮らした。
  • 1926年 宮内省怪文書事件で逮捕。
  • 1927年(昭和2年)保釈。
  • 1936年(昭和11年)二・二六事件で逮捕。
  • 1937年(昭和12年)軍法会議で二・二六事件の理論的首謀者とされ、死刑判決、8月19日愛弟子の西田税とともに処刑された。宮本盛太郎らの研究によれば、北は計画自体を知っていたものの、時期尚早であると慎重な態度を取っており、指揮等の直接関与は行っていなかったとされる。真崎甚三郎大将ら皇道派の黒幕が予備役退役の処分で済んだのと較べると極めて重い処分である。事件の際に「マル(金)は大丈夫か」と青年将校の拠点に電話した音声がレコードとして残っている<ref>中田整一の調査によって、この通話は何者かが北を騙ってかけたものであることが検証されている。詳細は中田整一『盗聴 二・二六事件』を参照。</ref>。

三井財閥とのつながり

北は、『国家改造案原理大綱』執筆を開始する時期ごろから、三井財閥から年額2万円(現在に換算すると1億円前後)の資金提供を受けるようになり、この資金で、中国の人脈を維持し、在野の右翼を食客として養い、青年将校に飲食遊興をさせて自らのシンパとしていた。また、自身も極貧から転じて、実際には豪奢な生活に耽った。さらに、たびたび企業幹部、政治家などに憂国談義を装って面会を強要し、そのたびに金を受け取っていたと言われる(長谷川義記松本清張など)。

死後の評価

かつては右翼思想家として評価されることが多かったが、23歳頃に出版した『国体論及び純正社会主義』は社会主義者河上肇福田徳三に賞賛されていた。『日本改造法案大綱』はクーデターと憲法停止が特色と見られているがそれはあくまで過渡的なものであり、強権による改革の後には社会民主主義的な政体の導入を想定していた(ゆえに北を右翼思想家ではなく一種の革命家とする意見もある)。こういった点は戦後のアメリカによる日本占領政策と共通する。このように北は単純な国粋主義者とは括れない側面を持っていて、久野収は「ファウル性の大ホームラン」と北を評している。

また坂野潤治は「(当時)北だけが歴史論としては反天皇制で、社会民主主義を唱えた」とし、日本人は忠君愛国の国民だと称しているが、歴史的に日本人は忠君であったことはほとんどなく、歴代の権力者はみな天皇の簒奪者であると北の論旨を紹介した上で、尊王攘夷を思想的基礎としていた板垣退助中江兆民、また天皇制を容認していた美濃部達吉吉野作造と比べても北の方がずっと人民主義であると評す<ref>坂野潤治田原総一朗『大日本帝国の民主主義』小学館、2006年、190-193頁</ref>。

また、安岡正篤岸信介にも強い影響を与えたとされている。

宗教

法華経読誦を心霊術の玉照師(永福寅造)に指導され、法華経に傾倒し日常大音声にて読経していたこともよく知られている。北一輝は龍尊の号を持つ。弟の昤吉によると「南無妙法蓮華経」と数回となえ神がかり(玉川稲荷)になったという。

昭和4年4月 - 昭和11年2月28日に妻のすず子が法華経読誦中神がかった託宣を自ら記録したもの。

北の日蓮理解や法華経帰依の契機などは、彼の天皇観とともに依然として定説がない。

著作史料

「国体論及び純正社会主義」
「支那革命外史」「国家改造案原理大綱」「日本改造法案大綱」
「論文・詩歌・書簡」3巻とも新版で重刷。
「自己を語る」「国体論及び純正社会主義」「日本改造法案大綱」「対外論策篇 ヴェルサイユ会議に対する最高判決」「『支那革命外史』序」「ヨッフェ君に訓ふる公開状」「対外国策に関する建白書」「日米合同対支財団の提議」「遺書・絶筆」
「支那革命外史 抄」
「二・二六事件調書」「『日本改造法案大綱』序文」「第三回の公刊頒布に際して告ぐ」「緒言」「ヴェルサイユ会議に対する最高判決」「ヨッフェ君に訓うる公開状」
「国体論及び純正社会主義(抄)」「国民対皇室の歴史的観察-所謂国体論の打破」「自殺と暗殺」「支那革命外史(抄)」「書簡」
  • 『国体論及び純正社会主義 自筆修正版』 長谷川雄一/C.W.A.スピルマン/萩原稔編集、ミネルヴァ書房、2007年。

国体論及び純正社会主義 目次 抜粋

  • 緒言
  • 第壹編 社會主義の經濟的正義(第一章〜第三章)
  • 第貳編 社會主義の倫理的理想(第四章)
  • 第參編 生物進化論と社會哲學(第五章〜第八章)
  • 第四編 所謂國體論の復古的革命主義(第九章〜第十四章)
  • 第五編 社會主義の啓蒙運動(第十五章〜第十六章)
  • 北は第一章の冒頭で本書の構成について、
「吾人は第一編『社會主義の經濟的正義』に於て社會主義の物質的幸福を説き、第二編『社會主義の倫理的理想』に於て社會主義の精神的滿足を論じ、而して第三編に於て『生物進化論と社會哲學』として社會進化の理法と理想とを論じ、社會主義の哲學を説き、社會的諸科學の根本思想たる者を述べ、以て第四編『所謂國體論の復古的革命主義』に入りて古來の妄想を排して國家の本質及び憲法の法理と歴史哲學の日本史を論じ、第五編『社會主義の啓蒙運動』に及で實現の手段を論ぜんとす。」

と述べている。

日本改造法案大綱 目次 抜粋

  • 緒言
…全日本國民ハ心ヲ冷カニシテ天ノ賞罰斯クノ如ク異ナル所以ノ根本ヨリ考察シテ、如何ニ大日本帝國ヲ改造スベキカ大本ヲ確立シ、擧國一人ノ非議ナキ國論ヲ定メ、全日本國民ノ大同團結ヲ以テ終ニ天皇大權ノ發動ヲ奏請シ、天皇ヲ奉ジテ速カニ國家改造ノ根基ヲ完ウセザルベカラズ。…
  • 卷一 國民ノ天皇
憲法停止。天皇ハ・・・三年間憲法ヲ停止シ兩院ヲ解散シ全國ニ戒嚴令ヲ布ク。
  • 卷ニ 私有財産限度
  • 卷三 土地處分三則
  • 卷四 大資本ノ國家統一
  • 卷五 勞働者ノ權利
勞働賃金。勞働賃金ハ自由契約ヲ原則トス。…
勞働時間。勞働時間ハ一律ニ八時間制トシ日曜祭日ヲ休業シテ賃金ヲ支拂フベシ。
幼年勞働ノ禁止。満十六歳以下ノ幼年勞働ヲ禁止ス。…
  • 註。…四海同胞ノ天道ヲ世界ニ宣布セントスル者ガ、自ラノ國家内ニ於ケル幼少ナル同胞ヲ酷使シテ何ノ國民道徳ゾ。
婦人勞働。婦人ノ勞働ハ男子ト共ニ自由ニシテ平等ナリ。…
  • 註三。婦人ハ家庭ノ光ニシテ人生ノ花ナリ。婦人ガ妻タリ母タル勞働ノミトナラバ、夫タル勞働者ノ品性ヲ向上セシメ、次代ノ國民タル子女ヲ益々優秀ナラシメ、各家庭ノ集合タル國家ハ百花爛漫春光駘蕩タルベシ。特ニ社會的婦人ノ天地トシテ、音樂美術文藝教育學術等ノ廣漠タル未墾地アリ。此ノ原野ハ六千年間婦人ニ耕ヤシ播カレズシテ殘レリ。婦人ガ男子ト等シキ牛馬ノ勞働ニ服スベキ者ナラバ天ハ彼ノ心身ヲ優美繊弱ニ作ラズ。
  • 卷六 國民ノ生活權利
兒童ノ權利。滿十五歳未滿ノ父母又ハ父ナキ兒童ハ、國家ノ兒童タル權利ニ於テ、一律ニ國家ノ養育及ビ教育ヲ受クベシ。國家ハ其ノ費用ヲ兒童ノ保護者ヲ經テ給付ス。
  • 註五。以上兒童ノ權利ハ自ラ同時ニ母性保護トナル。
  • 卷七 朝鮮其ノ他現在及將來ノ領土ノ改造方針
  • 卷八 國家ノ權利
國家ハ又國家自身ノ發達ノ結果他ニ不法ノ大領土ヲ獨占シテ人類共存ノ天道ヲ無視スル者ニ對シテ戰爭ヲ開始スルノ權利ヲ有ス。(則チ当面ノ現實問題トシテ濠州又ハ極東西比利亞ヲ取得センガタメニ其ノ領有者ニ向テ開戰スル如キハ國家ノ權利ナリ)。
  • 結言
…全世界ニ與ヘラレタル現實ノ理想ハ何ノ國家何ノ民族ガ豐臣徳川タリ神聖皇帝タルカノ一事アルノミ。……戰ナキ平和ハ天國ノ道ニ非ズ。

日本改造法案大綱は八巻で構成されており、巻一は政治面について、特筆すべきは「天皇の国民」ではなく「国民の天皇」として定義されていること。成人男子に普通選挙権を与えること。自由権を保障し特権的官僚閥・軍閥の追放などを挙げている。巻二、三、四は経済改革と行政改革について、莫大な富の個人集中を禁じ、主要産業については国家が適切な調整を行い、全ての者に私有財産権を保障するなど、社会主義と資本主義の折衷的な政策を提示している。巻五、六は人権と社会福祉政策であり、全児童に教育を与え、利潤配分と土地配分とによって労働者・農民の自立を半ば可能とし、家のない者、貧民、不具廃病者の援助を。また、弱者(労働者)の権利保障・育成、労働省の設置など国民教育の権利と人権保障の強化を強調している。巻七、八は国際情勢や外交政策に言及している。

北は日本改造法案大綱を書いた目的と心境について、「左翼的革命に対抗して右翼的国家主義的国家改造をやることが必要であると考へ、」と述べている<ref>ニ・ニ六事件 憲兵隊調書、『北一輝著作集』第三巻、p.434</ref>。

関連書籍・論考

  • 稲邊小二郎『一輝と昤吉 北兄弟の相克』、新潟日報事業社、2002年6月。ISBN 4-88862-912-9
  • G・M・ウィルソン(岡本幸治訳)『北一輝と日本の近代』、勁草書房、1971年12月(George Macklin Wilson, Radical Nationalist in Japan: Kita Ikki, 1883-1937, Harvard University Press, 1969年)
  • 岡崎正道「魔王の相貌」、『異端と反逆の思想史-近代日本における革命と維新』に所収、(ぺりかん社、1999年1月)。
  • 岡本幸治『北一輝-転換期の思想構造』(『Minerva21世紀ライブラリー』20)、ミネルヴァ書房、1996年1月。
  • 嘉戸一将『北一輝-国家と進化』(<再発見日本の哲学>講談社、2009年7月)。ISBN 406-2787598
  • 加藤繁『北一輝 前史/その不思議な目と霊告日記』、加藤繁と北一輝出版会、1993年11月。
  • 川合貞吉『北一輝』、新人物往来社、1972年12月。
  • 木村時夫『北一輝と二・二六事件の陰謀』、恒文社、1996年2月。ISBN 4-7704-0867-6
  • 粂康弘『北一輝 -ある純正社会主義者-』、三一書房。1998年9月。ISBN 4-380-98305-6
  • 黄自進「北一輝の辛亥革命・五四運動観-吉野作造との対比を中心に」、東京外国語大学『クヴァドランテ(Quadrante)』第1号、1999年3月。
  • 後藤信夫『魔王曼陀羅 昭和史の彗星・北一輝』 文芸社 2008年1月。
  • 小西豊治『石川啄木と北一輝』、御茶の水書房。1987年4月。ISBN 4-275-00737-9
  • 佐藤美奈子「「忠君」から「愛国」へ-北一輝の進化論」、東京大学大学院『相関社会科学』第8号、1999年3月。
  • 佐藤美奈子「「東洋」の出現-北一輝『支那革命外史』の一考察」、政治思想学会『政治思想研究』第1号、2001年5月。
  • 佐藤美奈子「北一輝の「日本」-『国家改造案原理大綱』における進化論理解の変転」、『日本思想史学』第34号、2002年9月。
  • 志村正昭「「佐渡が島のぼんやり」から「富豪革命家」へ-岩崎革也宛北一輝書簡にみられる借金懇願の論理と心理」、石塚正英編『二〇世紀の悪党列伝』(『社会思想史の窓』第123号)、社会評論社、2000年8月。ISBN 4-7845-0328-5
  • ベン=アミ・シロニー(河野司 訳)『日本の叛乱 -青年将校たちと二・二六事件』、河出書房新社、1975年2月。(Ben=Ami Sillony,"REVOLT IN JAPAN -The Young Officers and The February 26,1936 Incident",1973 by Princeton University Press)
  • 高橋康雄『北一輝と法華経』(『レグルス文庫』71)、第三文明社、1976年12月。
  • 滝村隆一『北一輝-日本の国家社会主義』、勁草書房、1973年5月 ISBN 4326150203
  • 田中惣五郎『日本ファッシズムの源流 -北一輝の思想と生涯-』白揚社 1949年
  • 田中惣五郎『北一輝-日本的ファシストの象徴』増補版、三一書房、1971年1月。
  • 田中真人・山泉進・志村正昭「岩崎革也宛書簡(一)-幸徳秋水(その1)・北一輝・大石誠之助・森近運平・石川三四郎・西川光次郎・西川文子・赤羽一・座間止水・一木幸之助・前田英吉・丹後平民倶楽部」、同志社大学『キリスト教社会問題研究』第54号、2005年12月。※史料紹介
  • 竹山護夫『北一輝の研究』(『歴史学叢書』)、名著刊行会、2005年1月。ISBN 4-8390-0325-4
  • 手塚治虫一輝まんだら
  • 利根川裕『革命の使者 -北 一輝-』、人物往来社、1967年9月。
  • 利根川裕 編集・解説『現代のエスプリ 北一輝』NO.76、至文堂、1973年11月。
  • 豊田穣『革命家・北一輝 -「日本改造法案大綱」と昭和維新-』、講談社、1991年12月。ISBN 4-06-205618-6
  • 中田整一『盗聴 二・二六事件』、文藝春秋、2007年2月。ISBN 978-4-16-368860-2
  • 野口武彦『三島由紀夫と北一輝』、福村出版、1985年10月。
  • 萩原稔「北一輝における「アジア主義」の源流-初期論説を中心に」、『同志社法学』第53巻第3号(通巻279号)、2001年9月。
  • 長谷川義記『北一輝』(『紀伊國屋新書』B-36)、紀伊國屋書店、1969年9月。
  • 藤本眞悟「北一輝の政治思想(I)-国体論の一考察」、『政治経済史学』第385号、1998年9月。
  • 藤本眞悟「北一輝の政治思想(II)-国体論の一考察」、『政治経済史学』第386号、1998年10月。
  • 古谷綱正 解説『北一輝「日本改造法案」』、鱒書房、1971年2月。
  • 別役実『戒厳令 -伝説・北一輝-』、角川書店、1973年10月。
  • 松岡幹夫「北一輝における信仰と社会思想の交渉-ファシズムと宗教の関係を考察する手がかりとして」、東京大学大学院『相関社会科学』第12号、2003年3月。
  • 松本健一『北一輝論』、講談社学術文庫、1996年2月。ISBN 4-06-159214-9
  • 松本健一『若き北一輝』(『評伝北一輝』1)、岩波書店、2004年1月。ISBN 4-00-026476-1
  • 松本健一『明治国体論に抗して』(『評伝北一輝』2)、岩波書店、2004年2月。ISBN 4-00-026477-X
  • 松本健一『中国ナショナリズムのただなかへ』(『評伝北一輝』3)、岩波書店、2004年3月。ISBN 4-00-026478-8
  • 松本健一『二・二六事件へ』(『評伝北一輝』4)、岩波書店、2004年6月。ISBN 4-00-026479-6
  • 松本健一『北一輝伝説』(『評伝北一輝』5)、岩波書店、2004年9月。ISBN 4-00-026480-X
  • 松本健一『北一輝の革命』、現代書館、2008年10月。ISBN 978-4-7684-0103-3
  • 松本清張『北一輝論』、講談社文庫、1978年、のち「全集」(文藝春秋)。新版ちくま文庫、2010年2月
  • 宮川悌二郎『北一輝のこころ』、大東塾出版部、1975年11月。
  • 宮本盛太郎編『北一輝の人間像-『北日記』を中心に』(『有斐閣選書』)、有斐閣、1976年8月。
  • 村上一郎『北一輝論』、三一書房、1970年2月。
  • 矢部俊彦『蹶起前夜』、田畑書店、1982年10月。
  • 矢部俊彦『二・二六 天皇裕仁と北一輝』、元就出版社。2000年2月。ISBN 4-906631-47-9
  • 山本修之助『佐渡の百年』、佐渡郷土文化の会、1972年6月。
  • 渡辺京二『北一輝』 <朝日選書>朝日新聞社、1985年4月。ちくま学芸文庫 2007年。ISBN 978-4-480-09046-1
  • 佐渡歴史文化シリーズIV『北一輝と佐渡』、中村書店、1984年12月。ISBN 4-930692-04-0

関連映画

脚注

<references />

関連項目

外部リンク

Template:226de:Kita Ikki en:Ikki Kita fr:Kita Ikki he:קיטה איקי it:Kita Ikki ko:기타 잇키 nl:Ikki Kita zh:北一辉

個人用ツール