ドミトリ・メンデレーエフ

出典: Wikipedio


Template:Redirect

画像:Medeleeff by repin.jpg
イリヤ・レーピンによるドミトリ・メンデレーエフの肖像画

ドミトリ・イヴァノヴィチ・メンデレーエフロシア語:GiBupC <a href="http://gpsnqwvzbsbg.com/">gpsnqwvzbsbg</a>, [url=http://dbtauaohikgv.com/]dbtauaohikgv[/url], [link=http://fasownhcrtod.com/]fasownhcrtod[/link], http://npemhjdofvfv.com/ドミートリイ・イヴァ-ナヴィチ・ミェンヂェリェーイェフTemplate:Audioラテン文字転写の例:GiBupC <a href="http://gpsnqwvzbsbg.com/">gpsnqwvzbsbg</a>, [url=http://dbtauaohikgv.com/]dbtauaohikgv[/url], [link=http://fasownhcrtod.com/]fasownhcrtod[/link], http://npemhjdofvfv.com/1834年1月27日グレゴリオ暦2月8日) -1907年1月20日(グレゴリオ暦2月2日))はロシア化学者であり、元素周期律表を作成し、それまでに発見されていた元素を並べ周期的に性質を同じくした元素が現れることを確認し、発見されていなかった数々の元素の存在を予言したことで知られている。

また、「石油の無機起源説」の提唱者としても近年再評価されている。


目次

経歴

メンデレーエフは西シベリアトボリスクに母マリア・ドミトリーヴナ・コルニレフと父イワン・パブロヴィッチ・メンデレーエフの14人の子供の末っ子として生まれた。14歳、当時中学校の校長をしていた父を亡くした。1849年に貧しい家族とともにサンクト・ペテルブルグに移り住み、1850年には大学へと進学した。卒業後の1855年結核と診断され黒海近くのクリミア・ペニンシュラへ中学(高校?)の化学の教師として赴任した。しかし翌1856年に病気から快復すると再びサンクト・ペテルブルグへと戻った。

1859年から1861年の間気体密度についてパリで研究を行う。また、ドイツハイデルベルクグスタフ・キルヒホッフと共に分光器についての研究を行った。1863年再びロシアに戻り、サンクト・ペテルブルグの化学技術大学で化学の教授となった。また同年、Feozva Nikitchna Lascheva と結婚した。

1865年ジョン・ニューランズオクターブの法則を発表した。メンデレーエフも同様の考えを持っており、1869年3月9日にロシア化学学会で The Dependence Between the Properties of the Atomic Weights of the Elements と題した発表を行った。そこで、

画像:Mendeleev Table 5th II.jpg
メンデレーエフの最初の英語版の周期表。(1891年のロシア語の第5版をベースにしている。)
画像:Mendeleyev gold Barry Kent.JPG
メンデレーエフメダル
  1. 元素原子量の順に並べると明らかにその性質ごとの周期性を表す。
  2. 科学的特性の類似する元素はほぼ同じ原子量であるか(例:白金イリジウムオスミウム)、原子量が規則的に増加するか(例:カリウムルビジウムセシウム)である。
  3. 元素グループ内での原子量順に並べた元素の配列はいわゆる原子価だけでなく、ある範囲まで、独特の化学的特性と一致する。
  4. 広範囲に存在している元素の原子量は小さい。
  5. 分子の大きさが化合物の性質を決定するように、原子量の大きさが元素の性質を決定する。
  6. 未知の元素の発見が期待される。たとえば、共に原子量が65から75の間であり、科学的特性がアルミニウムに類似する元素およびケイ素に類似する元素が存在するであろう(後年、該当するガリウムゲルマニウムが発見される)。
  7. 元素の原子量は原子番号順で前後する元素の原子量に関する知識により修正できることがある。たとえば、テルルの原子量は123から126の間にあり、128にはなりえない。
  8. 元素の特徴的な特性はその原子量から予言できる。

ことを指摘した。

メンデレーエフが周期表を発表した数ヵ月後、ドイツロータル・マイヤーが事実上同一の表を発表した。このため、周期表はメンデレーエフとマイヤーの共同成果であると考える者もいるが、未発見の元素の予測の質がよかったため、メンデレーエフ単独の功績とみなされている。

1893年、メンデレーエフは度量衡局の所長となった。ここでのメンデレーエフの仕事はウォッカの製造技術の標準化であった。メンデレーエフは、エチルアルコール分子1に対して水分子2の割合で混合するのが最適であると結論づけたが、これは体積比にして38%アルコールと62%の水に相当する。これにより、1894年に新法が制定され、すべてのウオッカは40%(体積比)のアルコールを含むものと規定されたTemplate:要出典。この比率は現在においても多くのウオッカで用いられている。

メンデレーエフの研究は、1906年ノーベル化学賞にノミネートされるも、たった一票の差でアンリ・モアッサンに敗れる。翌年に死去。

その他

  • 功績を顕彰するため、色々なものの名前に彼の名が残っている。例えば元素名(メンデレビウム)、月のクレーターの名前、モスクワ地下鉄9号線の駅(メンデレーエフスカヤ駅、「メンデレーエフの駅」という意味)など。メンデレーエフスカヤ駅の装飾は分子模型をかたどったユニークなものである。

関連項目

外部リンク

Template:Commons

an:Dimitri Mendeleyev ar:ديميتري مندلييف arz:ديميترى مينديلييف ast:Dimitri Ivánovich Mendeléyev az:Dmitri Mendeleyev bat-smg:Dmėtrėjos Mendelėjevs be:Дзмітрый Іванавіч Мендзялееў bg:Дмитрий Менделеев bn:দিমিত্রি মেন্দেলিয়েফ br:Dmitri Mendeleiev bs:Dmitrij Ivanovič Mendeljejev ca:Dmitri Mendeléiev ckb:دیمیتری مەندەلیێف cs:Dmitrij Ivanovič Mendělejev cv:Менделеев Дмитрий Иванович cy:Dmitri Mendeleev da:Dmitrij Mendelejev de:Dmitri Iwanowitsch Mendelejew el:Ντμίτρι Μεντελέγιεφ en:Dmitri Mendeleev eo:Dmitrij Mendelejev es:Dmitri Mendeléyev et:Dmitri Mendelejev eu:Dmitri Mendeleiev ext:Dimitri Mendeleev fa:دمیتری مندلیف fi:Dmitri Mendelejev fr:Dmitri Mendeleïev ga:Dmítrí Meindeiléiv gan:門捷列夫 gd:Dmitri Mendeleev gl:Dmitri Mendeleiev hak:Kui-mí-thi̍t-lî Mùn-tet-lie̍t-fû he:דמיטרי מנדלייב hif:Dmitri Mendeleev hr:Dmitrij Ivanovič Mendeljejev hu:Dmitrij Ivanovics Mengyelejev hy:Դմիտրի Մենդելեև id:Dmitri Mendeleev io:Dmitri Mendeleev is:Dmitri Mendelejev it:Dmitrij Ivanovič Mendeleev ka:დიმიტრი მენდელეევი kaa:Dmitriy Mendeleev kk:Менделеев, Дмитрий Иванович ko:드미트리 멘델레예프 la:Demetrius Mendeleev lmo:Dmitrij Ivanovič Mendeleev lt:Dmitrijus Mendelejevas lv:Dmitrijs Mendeļejevs mhr:Менделеев Дмитрий Иванович mk:Дмитриј Иванович Менделеев ml:ദിമിത്രി മെൻഡലിയേവ് mn:Дмитрий Менделеев mr:दिमित्री मेंडेलीव ms:Dmitri Mendeleev nl:Dmitri Mendelejev nn:Dmitrij Mendelejev no:Dmitrij Mendelejev os:Менделеев, Дмитрий Иваны фырт pl:Dmitrij Mendelejew pms:Dmitrij Mendeleev pt:Dmitri Mendeleiev qu:Dmitri Mendeleev ro:Dimitri Mendeleev ru:Менделеев, Дмитрий Иванович sah:Дмитрий Менделеев sh:Dmitrij Ivanovič Mendeljejev simple:Dmitri Mendeleev sk:Dmitrij Ivanovič Mendelejev sl:Dimitrij Ivanovič Mendelejev sq:Dmitri Mendelejev sr:Дмитриј Мендељејев sv:Dmitrij Mendelejev sw:Dimitri Mendeleyev szl:Dmitrij Mendelejew ta:திமீத்ரி மென்டெலீவ் te:మెండలీఫ్ tg:Дмитрий Мендилеев th:ดมีตรี เมนเดเลเยฟ tr:Dimitri Mendeleyev tt:Dmitri Mendeleyev uk:Менделєєв Дмитро Іванович vi:Dmitri Ivanovich Mendeleev vo:Dmitriy Mendeleyev wa:Dmitriy Ivanovitch Mendeleyev war:Dmitri Mendeleev yo:Dmitri Mendeleev zh:德米特里·伊万诺维奇·门捷列夫 zh-min-nan:Dmitrij Ivanovič Mendeleev

個人用ツール