ジョセフ・スミス・ジュニア

出典: Wikipedio


ジョセフ・スミス・ジュニアJoseph Smith, Jr., 1805年12月23日 - 1844年6月27日)は、アメリカ合衆国バーモント州ウィンザー郡シャロンの町で生まれた、末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)の設立者。

right|150px

ジョセフの先祖は1600年代にイングランドから移住してきた移民であり、米国東部ニューイングランド地方で五世代続いた家系であった。1638年に父方のロバート・スミスが最初に植民地に移住。サミュエル、サミュエルII、アサエル、ジョセフ(Sr)と世代が続く。スミス家にとってバーモント州ウインザー郡での生活は苦労が多かったといわれている。スミス家は勤勉で、信仰深く、道徳心に満ちていた。ジョセフの生まれる9年前に、祖父に当たるアサエル・スミスは孫たちに「神が人類にとって最益となる者を自分の子孫から起こされるということを知っていた(George A Smith "Memories"から)」ことを告げている。

家族は13人家族(父ジョセフ・スミス、母ルーシー・スミス。兄弟はアルビン、ハイラム、サミュエル・ハリソン、エフライム、ウィリアム、ドン・カーロス、姉妹はソフロニア、キャサリン、ルーシー、他に出生後間もなく死亡した子が一人)。ジョセフが10歳のとき、家族はバーモント州を去りニューヨーク州オンタリオ郡(現在のウェイン郡)パルマイラに移り住み、さらに約4年後に同じオンタリオ郡内のマンチェスターに移り住んだ。

19世紀初頭、ジョセフ・スミスが住んでいた地域で宗教混乱が広がり、彼はどの宗派が正しく、自身が与するべき宗派であるか悩んでいた。ある日、「あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなく全ての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう」(ヤコブの手紙第1章5節)という聖句がきっかけで、1820年早春に自分が住む丸太造りの家があった場所の西にある森で祈った。すると天が開け、光の中に父なるとその御子イエス・キリストが現れ、どの宗派にも加わってはならないと言われたとされる。その後、その経験を教会の牧師に語ったジョセフ・スミスはあらゆる会派・階層の人々から容赦ない迫害を受けたというが、その証拠はない<ref>「最初の示現」の真実</ref> 。

その後、1830年に末日聖徒イエス・キリスト教会を彼を含む6人の代表者によって国法に従い設立。教会を設立する以前は黒魔術や財宝探しに凝っていた<ref>ジョセフ・スミスの魔術時代</ref>。

250px|thumb|殺害されるジョセフとハイラム 250px|thumb|ジョセフ・スミスJr.の妻たちと子供たち

年表

出典

<references />

外部リンク

批判サイト

an:Joseph Smith, Jr. ar:جوزيف سميث ast:Joseph Smith (fíu) bcl:Joseph Smith, Jr. bg:Джоузеф Смит bi:Josef Smit ca:Joseph Smith (fill) ceb:Joseph Smith, Jr. cs:Joseph Smith cy:Joseph Smith da:Joseph Smith de:Joseph Smith en:Joseph Smith, Jr. eo:Joseph Smith es:Joseph Smith (hijo) ext:Joseph Smith Jr. fi:Joseph Smith fj:Josefa Simici fr:Joseph Smith fy:Joseph Smith gd:Joseph Smith Jr gl:Joseph Smith haw:Josepa Samika he:ג'וזף סמית' הבן hr:Joseph Smith hu:Joseph Smith ia:Joseph Smith id:Joseph Smith, Jr. ilo:Joseph Smith, Jr. is:Joseph Smith it:Joseph Smith jbo:djosef.smit ko:조지프 스미스 주니어 la:Iosephus Smith lmo:Joseph Smith lv:Džozefs Smits mg:Joseph Smith mwl:Joseph Smith Jr. nl:Joseph Smith no:Joseph Smith pam:Joseph Smith Jr. pl:Joseph Smith pt:Joseph Smith Jr. ro:Joseph Smith, Jr. ru:Смит, Джозеф simple:Joseph Smith, Jr. sk:Joseph Smith sm:Iosefa Samita sq:Joseph Smith sv:Joseph Smith sw:Joseph Smith, Kijana szl:Joseph Smith tl:Joseph Smith, Jr. to:Siosefa Sāmita tr:Joseph Smith, Jr. ty:Iosepha Semita uk:Джозеф Сміт zh:約瑟·斯密

個人用ツール