アルファ崩壊

出典: Wikipedio


画像:Alphadecay.jpg
アルファ崩壊

アルファ崩壊(あるふぁほうかい、α崩壊、GiBupC <a href="http://gpsnqwvzbsbg.com/">gpsnqwvzbsbg</a>, [url=http://dbtauaohikgv.com/]dbtauaohikgv[/url], [link=http://fasownhcrtod.com/]fasownhcrtod[/link], http://npemhjdofvfv.com/)は、アルファ壊変ともいい、原子核放射壊変の一種。

ある原子核がアルファ粒子陽子2つ、中性子2つの、ヘリウム原子核)を放出し、原子番号中性子数が2減る(すなわち、質量数が4減る)ことをいう。

例えば次のような壊変の事を指す

<math>{}^2{}^{38}_{92}\hbox{U}\;\to\;{}^2{}^{34}_{90}\hbox{Th}\;+\;{}^4_2\hbox{He}^{2+}</math>

これはより一般的には次のように記述される。

<math>{}^{238}\hbox{U}\;\to\;^{234}\hbox{Th}\;+\;\alpha</math>

アルファ粒子はヘリウムの原子核でもあり、質量数や中性子数の減少はヘリウム原子核分と等しい。アルファ崩壊は一つの原子が二つの原子へと分かれる核分裂反応ととらえることもできる。

なお、崩壊の際にアルファ粒子は原子核内で働く核力(強い力)を振り切り、上回るだけのエネルギーを持つわけではない。アルファ崩壊はトンネル効果によりアルファ粒子がエネルギーの壁を通り抜け、原子核から飛び出すことにより起きている。原子核外へは強い力が及ばず、さらに原子核とアルファ粒子の間には電磁気力による斥力が働いているため、一度外へ出たアルファ粒子はそのまま原子の外へ高速で飛び出すことになる。

関連項目

Template:核反応ar:تحلل ألفا bg:Алфа разпад ca:Desintegració alfa da:Alfahenfald el:Διάσπαση άλφα en:Alpha decay es:Desintegración Alfa et:Alfalagunemine eu:Alfa desintegrazio fa:واپاشی آلفا fi:Alfahajoaminen fr:Radioactivité α he:קרינת אלפא hr:Alfa raspad hu:Alfa-részecske id:Peluruhan alfa is:Alfasundrun it:Decadimento alfa kk:Альфа-ыдырау ko:알파 붕괴 lt:Alfa skilimas lv:Alfa sabrukšana ms:Pereputan alfa pl:Rozpad alfa pt:Emissão alfa ro:Dezintegrare alfa ru:Альфа-распад sh:Alfa raspad sk:Alfa rozpad sl:Razpad alfa sr:Алфа-распад sv:Alfasönderfall ta:அல்ஃபா சிதைவு th:การสลายให้อนุภาคแอลฟา uk:Альфа-радіоактивність zh:Α衰变

個人用ツール