うすた京介

出典: Wikipedio


Template:出典の明記 Template:Infobox 漫画家 Template:漫画 うすた 京介(うすた きょうすけ、1974年<ref name="offcialweb">「プロフィール」『めくるめけ日々』(公式個人サイト)</ref>5月25日<ref name="公式訂正">「ウィキペディア前の日記、2006年10月13日。</ref> - )は、日本漫画家愛知県生まれ<ref name="jinmei">まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、61頁</ref>。熊本県<ref name="offcialweb" />合志市育ちTemplate:要出典熊本県立大津高等学校美術コース卒<ref name="jinmei" />。主に『週刊少年ジャンプ』でギャグ漫画を発表。

代表作に『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』、『ピューと吹く!ジャガー』。

目次

来歴

概要

独特のセンスと描写で描くシュールギャグを得意とし、ギャグ漫画界の草分け的存在として高い評価を持つ。後のギャグ漫画に影響を与えた。「ボケとツッコミのパート構成のギャグ漫画の常識を覆した」とも評される。安定した人気ぶりに現在は『週刊少年ジャンプ』の中でも、読者アンケートにあまり立場を左右されない地位になっている(例「『ピューと吹く!ジャガー』は休載の多い方だが打ち切られない」「編集部公認で休みをとる」等)。

  • 叶恭弘によると「紳士」。かた焼きそばが大好物<ref>「かた焼きそば前の日記、2006年9月24日。</ref>。喫煙者。学生時代は剣道部美術部に入っていた。
  • 『すごいよ!!マサルさん』のコミックス巻末では、声優椎名へきると対談をしているが、同作品のキャラクターである「田中・スーザン・ふ美子(さかきばらのぶゆき)」のシンボルの赤いマスクを被っていた。当時、本人は顔出しを控えていたが、後の『ピューと吹く!ジャガー』には節々で顔出しをしている。巻末コメントで憲法九条改正に反対の意思を表明している。また、ジャンプリミックス版では、お笑いコンビさまぁ〜ず三村マサカズと対談している。

人物・エピソード

  • 「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」で社会現象になる程の人気を獲得するも、連載終盤には「若さゆえ疲れ切り、原稿を放り出し逃げた」という噂があった(当時の『噂の眞相』で『週刊少年ジャンプ』等人気漫画雑誌の現状を取り上げる記事として掲載 参考)。しかし、うすたがその噂を事実としていたウィキペディアを見て、公式サイト上で間違いと指摘、訂正を促した(実際は意図して落としたのではなく最後までやったが落ちた、との事<ref name="公式訂正" />)。その他この項目について、いくつか細かい間違いを指摘した<ref name="公式訂正" />。
  • 台所にあったウスターソースから名前をとって「うすた宗介」として賞に応募、ところが誌面での受賞発表では誤植で「うすた京介」になっていた<ref>Twitter/うすた京介:ペンネーム適当に台所にあるやつから付けちゃえってこと ...</ref>。「誤植でも受賞した名前だからといいか」ということで現在のペンネームになったという<ref>Twitter/うすた京介:もともとそれ以前の投稿作もペンネーム適当につけてて、 ...</ref>。
  • 上京後、稲田浩司アシスタントをやっていたが、仕事場のレベルが高く、力のなさを痛感し、1ヵ月半でやめたという<ref>うすた京介著 ジャンプコミックス『ピューと吹く!ジャガー公式ファンブック ふえ科自由研究~君とつないだ手のぬくもりは何度かな?~』集英社、2008年1月9日初版発行、ISBN 978-4-08-874201-4、77頁</ref>。

趣味

音楽

音楽好き(主に邦楽)であり、漫画家になってなかったらミュージシャンになっていたという。『ジャンプ』の巻末コメントでは音楽関係の話題が多い。

友人の店などで「宇宙軒」というバンドに参加しているが、基本的には適当に笛を吹いたり後ろで絵を描いたりしているだけ(本人談)。このほか友人の自主制作映画にも数本出演している<ref name="公式訂正" />。

またコミックスでもギターメーカーのパロディ(ギバサン)やSUPER BUTTER DOG(イーアルファンキー烏龍茶)、くるり(ずるり)、中村一義(中村かずよし・ひろしの新世界紀行)など音楽アーティストのパロディが登場する。また『マサルさん』では、野村義男Winkなどが実名で登場し、扉絵にBLANKEY JET CITYのアルバムの名前がさりげなく刻まれていたりする。『マサルさん』などのコミックスにおいては音楽・芸術関係の個人的な知人の作品やコメントなどを載せていたこともある。

椎名林檎のファンのようであり、一部で『ピューと吹く!ジャガー』に登場する白川高菜のモデルは椎名林檎と囁かれていたが、「基本的にはどのキャラもモデルとかいません。」とtwitter上でその真偽を問われ、回答している。以前、サブタイトルに「骨折プリマドンナ」と付けたこともあり、その号の巻末コメントには、「今回のサブタイトルのつけ方、椎名林檎の絶頂集風だったんですが…わかんないなコレ〈京介〉」と書かれている。ちなみに、高菜のほくろの位置は椎名林檎とほぼ同じである。

THE HIGH-LOWS甲本ヒロトRIZEKenKenと交流がある。Perfumeのファンである<ref>「パフュームうすた日記、2008年6月30日。</ref>。

影響

最も影響を受けた漫画家に島本和彦を挙げている。島本の漫画家20周年記念時にはコメントを寄せた。そして「影響を受けたもの全体を包み込むような別次元の存在」として、長新太を挙げた。その他、原哲夫新沢基栄徳弘正也井上雄彦吉田戦車上野顕太郎新井理恵の影響を受けている<ref name="公式訂正" />。作中の直接的なパロディとしては、川崎のぼるつのだじろう楳図かずお高橋陽一などの影響も窺える。

週刊少年ジャンプ』2007年39号で増田こうすけとのコラボレーションで、増田が『ピューと吹く!ジャガー』を、うすたが『ギャグマンガ日和』を描いている。なお『QuickJapan』に掲載されたしりあがり寿とのギャグ対談において、好きな漫画家3人の中の一人に増田を挙げている。理由は「面白い」「投稿作品を見た時から『すごい』と感じた」などである。

2008年7月30日、おおひなたごう主催の『第1回ギャグ漫画家大喜利バトル』に出演し優勝した<ref>「おおひなたごうPresents:ギャグ漫画家大喜利バトル - Web YOUNG JUMP週刊ヤングジャンプ公式サイト。</ref>。

作品リスト

アシスタント

脚注

Template:Reflist

外部リンク

fr:Kyôsuke Usuta

個人用ツール